【マスクしてもイケメン】小林誠司の両親もアスリート?母親の英才教育とは?

巨人の小林誠司はイケメンとして
女性から注目度が高いですね。

その小林誠司が結婚発表をするという
菅野の爆弾発言で大事になりました(汗)

お相手は菅野の大学時代の同級生という
まさか一般人?!

こんなイケメンの小林誠司の両親は
どんな人なんでしょうね。

結婚となると家族が気になりますよね。

調べてみましたよ!

るんるん

イケメンの結婚は大ごとだよ!

スポンサーリンク

巨人の小林誠司の両親はどんな人?母親の英才教育ってどんなの? 

小林家はなんとスポーツ一家なんです。

詳しく見てみましょう。

 

小林誠司プロフィール


    引用元:Daily
  • 名前:小林誠司(こばやし せいじ)
  • 国籍:日本
  • 出身地:大阪府堺市南区
  • 生年月日:1989年6月7日(30歳)
  • 身長 / 体重:178cm / 85kg
  • 出身高校:広陵高等学校
  • 出身大学:同志社大学
  • 社会人経験:日本生命
  • 投球 / 打席:右投右打
  • ポジション:捕手
  • プロ入り:2013年 ドラフト1位
  • 初出場:2014年3月28日
  • 背番号:22
  • 好物:肉とイチゴ
  • 趣味:DVD鑑賞「プリズン・ブレイク」ファン

24歳の時にドラフトで巨人に1位指名で
プロ野球入りをしました。

その当時からイケメン捕手として
注目を集めていたんですね。

過去に捕手でイケメンっていなかったので
レアなイケメンです。

キャッチャーのマスクをしてもイケメンの小林誠司の両親は?

引用元:twitter

野球に目覚めたのは小学2年生の時で
それまでは水泳をしていました。

それは両親の影響で自然と水泳を
していたという状況だったんです。

そんな両親について詳細を見てみましょう。

両親(父親、母親)

  • 父親:小林春富(57)
  • 母親:小林美智子(58)
  • ご両親と姉と妹の5人家族です。

    • 姉:小林祐香(28)
    • 妹:小林郁美(20)

    女系家族なんですね。

    父親の春富さんは元水泳選手です。

    18歳の時に国体の青年男子400M自由形で
    優勝をしているアスリートだったんですね~!

    そして母親の美智子さんに至っては
    現役の水泳インストラクター
    なんです(驚)

    なんでも阪神の藤浪を指導した事があるということで
    けっこう野球選手は水泳で体幹を鍛えているのでしょうか。

    しかもですよ、姉も妹も高校生まで
    水泳をしていたんです。

    もちろん小林誠司も小学2年まで水泳を
    していました。

    水泳家族だったんです。

    アスリート魂を作り出すには
    いい家庭環境でしたね。


    ◆母親の美智子さんと小林誠司選手が11か月の頃◆引用元:サンスポ

    母親の美智子さんは正統派美人ですね。

    やはり美人からはイケメンが生まれますw

    鼻がそっくりです。

    父親の春富さんもスイミングスクールの
    コーチをされています。

    初芝スイミングスクールのスタッフとして
    ホームページに記載があります。


    引用元:初芝スイミングスクール

    お父さんは手作り味噌汁が好物という
    ちょっとかわいいですwww

    しかも趣味が入浴って(笑)

    イラストの感じから真面目そうな雰囲気を
    感じますが、実際も熱いコーチと想像してしまいます。

    るんるん

    両親とも生涯水泳に生きるんだろうな

    母親がしてきた英才教育ってどんな事?

    そもそも英才教育ってだけで両親の熱が
    伝わってくるようですよね。

    アスリートはやっぱり熱いのですね。

    英才教育

    実は小林誠司選手が生まれる前から
    母親のおなかの中で水泳の英才教育を
    受けていました

    驚きますよねw

    母親は小林誠司選手がお腹にいる時から
    マタニティースイミングにベビースイミング
    いつだって水の中にいました。

    結果的に、生まれてからずっと水泳をするのが
    当たり前の生活をしていました。

    教育ってすごい!

    何も考えなくても水泳を当たり前のように
    やっているって、なかなか普通の家庭では
    考えられない環境ですよね。

    子供たちの水泳教室とかはありますけど、
    お腹の中にいる時からって、やはりお母さんすごいです。

    父親も小林選手が生まれた時から
    水泳の選手にすることを目指していました。

    親の夢でしょうか。

    自然とスイミングスクールに通い、
    気づけばかなりの実力を身に着けていたのです。

    ジュニアオリンピック出場も目前だったという
    実力を備えていたんです。

    るんるん

    これぞ英才教育!!

    しかし、小林選手がプロ野球選手になる
    転機は小学校2年生の時にありました。

    ソフトボールに夢中になるんですね。

    毎日遅くまでソフトボールの練習をしているのを見て
    父親はめちゃめちゃ怒っていたそうです。

    水泳選手にしたかったから。

    それでも水泳を続けていましたが、
    小学6年生の時に、両親に「野球をやりたい」宣言をしました。

    でも両親の英才教育が今の小林選手の
    体の基礎を作っていて、肩は強く、
    肘を痛めることもなく、精神も強いという
    アスリート体質に育ててくれていたのです。

    これがプロ野球に生かされているという事です。

    尊敬する人は父親というだけあって
    両親にはとても感謝しているという事を
    メディアでもよく話していますね。

    まとめ

    • 父親:小林春富さん
    • 母親:小林美智子さん
    • 両親ともに水泳のインストラクターやコーチである
    • 姉や妹も水泳を高校時代までしていた
    • 両親の夢は小林誠司選手を水泳選手にする事だった
    • 母親は正統派美人でかわいい感じの人
    • 父親は端正な顔つき
    • お腹にいた時から水泳の英才教育を受けていた

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です