紐倉と同じタイプ!?山下智久が天才科学者役の主演ドラマでトレードマークになる「ロボットハンド」ってどんなもの?

山下智久さんが4年ぶりの主演ドラマが決定したニュースに
期待が膨らむファンも多いと思います。

放映はTBSテレビ金曜ドラマ「インハンド」です。

天才科学者役ということで、右手の黒の義手(ロボットハンド)が⁉
トレードマークになっていますが、紐倉が同じタイプだと言う
山Pのタイプっていうのも気になりますね~。


スポンサーリンク

紐倉タイプの山Pとトレードマーク「ロボットハンド」ってどんなもの?

天才科学者役ということで、クールな役柄なのかなと
想像しています。

またトレードマークになる「ロボットハンド」って
どうゆうものかも気になったので書いてみました。

紐倉タイプの山P

紐倉という天才科学者というのはどんな人物なのか。

寄生虫を専門しながら植物園を買い取って巨大温室を研究所兼自宅とし、
さまざまな動物たちと暮らしている紐倉。
性格は無愛想でドS、引きこもりの変人。
義手になった経緯は助手の高家にも明かしておらず、それには謎めいた
過去の事件が関わっているらしい…というキャラクター。

ということで、かなり謎めいています。

やはりクールな男なんですね。

ドSって!!

山PがドSなところが見れるそうですよ。

静かに黙って冷静に回りを見ている頭の回転が速そうな
印象を山Pに持っていたので、まさしくはまり役かも!と
勝手に思いました。

    山P自身が思う紐倉と自分の似ているところ
  • 一見何を考えているのか分からない変わり者
  • どこか陰を感じさせる
  • 実は人の心をしっかり分かっている

どうやら紐倉には、陰と陽の部分が極端にあるようです。

山下智久

実際には、僕自身も割と紐倉と同じタイプなので、彼の生き方には共感できる部分がすごくあります。

今まで演じてきた役の中では比較的自分を出しやすいキャラクターな気もするので、紐倉と僕でいい化学反応を起こせるんじゃないかと思っています。

紐倉との出会いを大切にして、丁寧に作っていきたいです。

クールな山Pに期待しましょう~!

原作とドラマのロボットハンド

原作の紐倉と実写版の紐倉がとてもいい感じではまっていますね!

 山下智久 
 マンガ紐倉
 
引用元:デイリー

ロボットハンドとは?

テクノロジー(科学)の力で人間の力を超える
研究の末にできたロボットハンドなんですね。

なんと、人工知能の強化学習を用いて
人間の手の動かし方をゼロから身につけ、
つみ木を持ち上げて指先で自在に動かす方法の習得に
成功したという発表がされています。

これってすごくないですか?

必要としている人に提供できるようになる
未来が近そうです。

技術の進歩は自分の知らないところで
未来のような世界になっていて、ちょっと怖いと
おもいつつ、どんなことでも人間に出来ない事なんて
ないんじゃないかと思いますね。

ロボットハンドとは?
ロボット用マニュピュレータの先端に取り付けられる,人間の手を模したようなもので,ハンドリング作業を実行する効果器。

この機能を高度化するには,指の本数,自由度数の設計が重要になる。
産業用ロボットのハンドで最も多いのが単純な2本指ハンドで,対象物を挟み込んで把持する。

これに対して指が3本,5本といった多数の場合を多指ハンド multi-fingered handという。
多指のうちの1本は親指の役割を果たすように,他の指と対向する1本とする。

多指ハンドでは,握り動作のほかに「操り」と称する対象物体の自在なハンドリングが可能となる。


スポンサーリンク

ドラマではどんな役割をするの?

紐倉のトレードマークになりますが、ブラックというところが
ちょっとミステリアスな雰囲気をかもしだしていますね。

出来る科学者って感じがします。

「形、色、フィット感を何度も調節していただいて、
やっと僕の手になじむロボットハンドが出来上がりました。

初めて手に装着した瞬間から、もう始まったんだという
気持ちになりました。違和感もなく、かっこよくていい感じです。」

とインタビューで答えてましたね。

山Pも試着した感じはもう紐倉になってましたね(^_^)

原作のイブニング

原作者は、朱戸アオさんの「インハンド 紐倉博士とまじめな右腕」

朱戸アオ作

気になる人は原作とドラマを比較して楽しむのも面白そうです。

山下智久主演ドラマについてのまとめ

◼️4月スタートTBS「金曜ドラマ」で放映

◼️山下智久さんは、主演で紐倉という天才科学者役

◼️ロボットハンドは、想像を超えるすごい発明品

配役など詳細が待ち遠しいですね。

とくに、美人でかしこい助手役の高家を演じる
女優さんが誰なのかが一番気がかりです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です