新元号になった後の平成31年度表示はどうなる?考え方をまとめてみた

元号が変わるといろんな事を変更しないと
いけないと少し焦ってしまいますね。

一番気になるであろう年度表示について
どうするのかをまとめてみました。


スポンサーリンク

平成31年度表示は改元後はどうなる?

お仕事上でも元号で管理している方も
多いのではないでしょうか。

新元号になった後は、年度表記が
どうなるのかちょっと迷ってしまいそう
なので、まとめて見ましょう。

年度表記

ちょっと混乱しそうな年度表記ですが、
平成31年度でいくのか、新元号(令和)元年度で
いくのか、併記なのかが現時点ではっきりと
されていないので、もやもやしてしまいますね(^^;)

通常通りでいけば、平成31年度は、
2019年4月1日から2020年3月31日
となります。

新元号となる5月1日になった時に、
2019年4月1日から4月30日までを平成31年度とし、
5月1日から2020年3月31日を新元号元年度
することになります。

平成31年度が1ヶ月間と新元号元年が11ヶ月です。

もしかすると、新元号(令和)元年で通してしまうのか
とも思ったのですが、実際1ヶ月間の平成31年度が
あるので、混乱を防ぐために、2019年は併記という
可能性もあると思います。

年度とは?
4月1日~翌年3月末までの区切りのこと。

4月1日の発表後に、どういう表記にするか
を正式に決められると思います。

どんなルールになるのやら。

ちょっとややこしく感じますが・・

元号ではなく、西暦表記で統一させたら
混乱が少ない気がするのですが(^^;)

公文書の西暦表記で統一の義務化という
動きもあったようですが、結局、
それも断念となったようです。

政府は2019年5月1日の新元号への切り替えに関し、公文書への西暦表記を義務付けない方針を固めた。

和暦と西暦を併記したり、西暦に統一したりする方針は示さず、各省庁や自治体の個別の判断に委ねる。

慣例で元号を使ってきた省庁や自治体が多く、改元前後の国民生活への影響や混乱を避ける。参照元:東京新聞

表記がばらばらになって収束できなそうです(汗)

公文書とは?
公務員がその職務上作成した文書。

スポンサーリンク

昭和から平成を参照

昭和から平成へ元号が変わったときを
参照にしてみます。

昭和天皇の崩御が1月7日でした。

その後の1月8日から平成と元号が
変わる発表がありましたね。

という事で、昭和64年は、たった7日間のみでした。

そのため翌年の平成元年は358日間で、
7日間少ないのでした。

  • (昭和63年)1988年4月1日~1988年12月31日⇒昭和63年度
  • (昭和64年)1989年1月1日~1989年1月7日⇒昭和63年度
  • (平成元年)1989年1月8日~1989年3月31日⇒昭和63年度
  • (平成元年)1989年4月1日~1990年3月31日⇒平成元年度
平成附則
引用元:元号を改める政令

1989年

昭和から平成にかけてに則ると、
5月1日から新元号元年度となると
言うことになりますね。

大臣官房総務課にて確認が取れましたので、
追記しておきます。

年度表記に関しては、
平成31年度=新元号(令和)元年となります。

  • 2019年4月1日から2019年4月30日までは、平成31年度表記
  • 2019年5月1日から2020年3月31日までは、新元号(令和)元年度表記

2019年5月1日の0時にを境に、新元号元年度となります。

まとめ

  • 2019年4月1日から2020年3月31日の年度表記は、平成31年度=新元号(令和)元年度となる。
  • 2019年5月1日の0時を境に新元号元年度となる。

世の中、入り混じってちょっとだけ混乱しそうです。

状況変わり次第、追記していきますね。


スポンサーリンク