44.7%の視聴率を叩き出した米津玄師の紅白出場の本当の理由は彼女の存在だった!

2018年末の紅白に出場した米津玄師さん。

放送終了後には、中継が行われた
熊本県鳴門市の大塚国際美術館に
ファンが押し寄せたと言います。

あまり人前に出ないという米津さんが
なぜ紅白に出たのか、本当の理由がありました。


スポンサーリンク

米津玄師が紅白に出場した理由とは?

米津さんの紅白出場した本当の理由は
一体なんだったのでしょうか。

週刊文春が実家の両親にインタビューに
行った事で理由が判明しました。

紅白出場の理由

Lemonという曲には、他界された祖父への
思いがこめられていると言うことが
理由だとされています。

地元徳島県からの生中継というオファー
について、インタビューにこう答えています。

『Lemon』は、TBSドラマ『アンナチュラル』の主題歌であり、“ドラマの為の楽曲”として、昨年12月に制作を進めておりました。

ドラマ側の希望で『亡くなった人を想う曲』として制作をしている最中、米津の祖父が他界しました。結果として『あなたが居なくなって悲しい』という気持ちを吐露するような楽曲になりドラマ側にも受けいれて頂いた事で、多くの方に聴いてもらえる曲に育ちました。

祖父の他界から1年後となるこの12月の大晦日に、自身の故郷、そして、祖父の生きていた土地・徳島で、この曲を歌う事の意味を感じることが出来た為、この度のオファーを受けさせて頂くという結論に達しました。

これに加えてもうひとつの大きな理由が
ありました。

”彼女”から猛プッシュがあったからだと
NHK関係者が明かしています。

彼女というのは、米津さんをプロデュース
している事務所の社長です。

二人三脚でここまで米津さんを
売り込んできた彼女の存在は
とても大きなもので、絶大な信頼関係
で結ばれているのでしょう。

若手歌手に中継場所を用意して、
追加出場をさせるのは紅白の
歴史になかったそうで、
異例中の異例なんだそうです。

「Lemon」という曲は、200万ダウンロード
されている超ヒット曲に加え、米津さんは
いまや日本で一番売れる歌手です。

メディアへの露出を極端に制限している
こともあり、どうしても何が何でも
紅白に出演させたかったNHKの思惑があったのですね。

もしこれが、プロデュースをしている
立場の人間だったら、こんなに大きな宣伝は
ないだろうし、この機会を逃す手はないと。

宣伝などを行っている彼女が、猛プッシュする
意味がわかります。

日本一売れる歌手へと陰から手を尽くして
きたのが、彼女の存在です。

どんなに才能があっても、世に出なければ
誰の耳にも目にもとまりませんしね。

彼女の存在があったからこそ、
紅白での出場が実現したのだと思います。

テレビ生中継で米津さんがしゃべっている
貴重なシーンをどうぞ!


引用元:youtube

彼女の存在

事務所の社長が彼女であるという
報道がされました。

今の米津さんを育てた存在と言えます。

彼女の詳細についてはこちらに書いてあります。

参考

彼女発覚!米津玄師を育てた女性がflowerwallの歌詞の君だったmonbre


スポンサーリンク

さらなる理由

紅白へ出た理由としてはさらに先をみこした
彼女の思惑がありました。

米津さんは1月19日から、徳島を皮切りに
全国ツアーをはじめることが決定しています。

2020年には東京五輪オリンピックの
NHK公式テーマ曲を歌うことです。

NHKとしてもオリンピックの公式曲を
意識しての紅白出場という先を見越した
思惑があったようなのです。

米津さんが一人で判断するとなると
NHKに対しての先を見越した戦略のような
ことは考えなかったのではないかな?と
少し思ったり。

やはり彼女である社長の戦略なくして
なしえなかったものと考えられます。

これから先も二人三脚で、米津さんを
大きな歌手に育てていくのでしょう。

出会うべくして出会った運命の
二人なのでしょうね。

社長の手腕に期待したいと思います。

まとめ

米津さんが、紅白に出た本当の理由をまとめておきます。

■ 事務所の社長に猛プッシュされたから。
社長というのは、私生活での彼女である事。

■ Lemonという曲は、亡くなった祖父への思いが
こめられている曲で、地元徳島での中継というオファー
に心が動いた事。

■ 2020年オリンピックのテーマ曲を提供している事。

この先も目が離せませんね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です