時代を作った大女優市原悦子さんは若い頃からずっと変わらない?

市原悦子さんといえば、日本むかし話が
とても小さい頃から見ていて印象的で
今でも声を真似していたことを覚えています。

市原さんの若い頃の写真などを見ていると
昭和から平成の大女優さんだったんだなと
思いました。


スポンサーリンク

市原悦子さんは若い頃から変わらない?

市原さんの若い頃のお写真を見ていると
今と変わらないなあと思います。

ベビーフェイスっていうんですかね。

チャーミングな感じですね。

市原さんのプロフィールをご紹介します。

市原悦子さんのプロフィール

プロフィール

  • 名前:市原悦子(本名・塩見悦子)
  • 女優、声優
  • 生年月日:1936年(昭11)1月24日
  • 血液型:A型
  • 出身地:千葉
  • 趣味:麻雀 旅行 散歩
  • ご主人:俳優座で同期だった演出家の塩見哲(14年に肺炎で亡くなった)
  • デビュー年:1957年 俳優座入団
  • デビュー作:「りこうなお嫁さん」(舞台)
  • 主な出演作品:

    「まんが日本昔ばなし」「家政婦は見た!」 「おばさんデカ桜乙女の事件帖」 「弁護士高見沢響子」

    【舞台】
    「ゆらゆら」 「芽キャベツがほしい」 「狂風記」 「あらしのよるに」

    【映画】
    「しゃぼん玉」 「あん」 「蕨野行」 「うなぎ」 「黒い雨」(日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞)

  • 出典:日本タレント名鑑(VIPタイムズ)

市原悦子さん
引用元:日刊スポーツ

俳優座養成所時は、同期には大山のぶ代さん、
ジェームス三木さん、冨士真奈美さんがいました。

57年に俳優座に入団し、舞台、ドラマ、映画で活躍。

若い頃から変わらない市原さん

本当に変わらない感じですよね(^^)

きっと女子は「かわいい」って言っちゃいますね。

市原さん1
市原さん2
引用元:jijicom

雰囲気もそうですが、声もかわいいし、
淡々とした話し方もとても印象深いです。

おなじみで人気だった番組

1971年に退団後は、1975年から約20年にわたって
声を担当したTBS系アニメ「まんが日本昔ばなし」が
とても印象的でした。

高視聴率を記録した2時間ドラマ「家政婦は見た!」(83年~08年)
これは衝撃的に面白いドラマでした。

■まんが日本昔話

まんが日本むかし話が打ち切りになったことについて
市原さんの言葉があの声で言っているように感じます。

1975年から20年間にわたって語りを務めたアニメ
「まんが日本昔ばなし」が代表的な仕事の一つで、
「入れ歯になっても、車いすになっても続けるつもりだった」と回顧。

「当時はバラエティー番組が出てきたころ。
バラエティーの方が制作費が安いから、
テレビ局の偉い方がそちらに行ってしまったのね」
と、打ち切りの背景を明かした。

引用元:youtube

■家政婦は見た

引用元:youtube

スポンサーリンク

個人的に素晴らしいと思う作品

黒い雨ではないでしょうか。

井伏鱒二原作の名著『黒い雨』を、今村昌平監督が映画化。

落ち着いた美しいモノクローム映像と、武満徹の音楽とが絶妙で、
原爆後遺症を描く社会派映画の草分け的存在と言われる。

第42回カンヌ国際映画祭 高等技術委員会グランプリ受賞

市原さんは、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞されました。

女優としての存在を確率したと言われいました。

作品自体、日本の戦争を描いている有名な作品ですし、
これを見たときには、胸が痛かったです。

この作品を知らない日本人はいないのではと思うくらいに
代表作だと思っています。

最愛の夫

ご主人の塩見哲さんが2014年4月に
「肺炎」のために亡くなられました。

その後から市原さんはショックを受けて
体調を悪くしていたということです。

とても仲のいいご夫婦だったんですね。
とても愛していたんでしょうね。

最後に市原悦子さんについて

市原悦子さんは、2019年1月12日午後1時31分に
心不全のため都内の病院で亡くなれました。
82歳でした。

誰にもない演技と声で唯一無二の女優さんでしたね。

市原さんのご冥福をお祈りいたします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です