【2019最新】7月7日七夕に九州(宮崎県)で天の川が見える場所5選!

最近天体系に興味深々の私は、天の川を見てみたい!

肉眼でも天の川を見れる場所ってあるのでしょうか。

夏に見るのがやはりおススメということで
週末を使ってふらりと行ってみたいですね。

九州もいろいろありますがアクセスがしやすい
宮崎県で天の川が観れる場所ってどこなのか
おすすめ5選を書きました。


スポンサーリンク

九州(宮崎県)で天の川を見れる場所はどこ?

天の川を見るためには街の明かりが少なくて、
小高い場所で、視界が広がっているところとなります。

街の灯りがないところへ足を延ばした方がよさそうです。

また2019年は月の明かりに邪魔されず観測できる
絶好のチャンスなのです。

 

九州(宮崎県)で天の川が見れるスポット5選

  1. 中小屋天文台昴ドーム
  2. 青島
  3. フェニックス道の駅
  4. 都井岬
  5. たちばな天文台

1. 中小屋天文台昴ドーム

標高約1,000mに位置し、空気が澄んでいて光害がないため
平成2年に「全国星空継続観察」に夜空の暗さ部門で
日本一
になった星空観測にはお墨付きのスポットなんです。

夜空の暗さ部門ってすごいですよね。

望遠鏡から観測することができるので、
ぜひ予約をして天の川を見に行きましょう。

中小屋天文台昴ドームから天の川が肉眼でもはっきり見える
引用元:facebook

中小屋天文台昴ドームの外から天の川を撮った画像です。

見てください、こんなにはっきりと!

天文ファンの中でも中小屋天文台昴ドームからの
観測は日本一と言われているんですよ。

期待しないわけにいかないですよね。

ゆっくりと見たい人には外から空を見上げてみましょう。

天文台から5分ほどのとろこにロッジがあり
宿泊もできるので、旅行として1泊するのも
楽しそうですね。

中小屋天文台昴ドームからの景色光害がないため暗いですが天の川をばっちり見ることが出来る
引用元:facebook
  • 場所:中小屋天文台昴ドーム
  • 住所:東臼杵郡美郷町北郷宇納間7579-2
  • 電話:0982-68-2522(一般社団法人美郷町観光協会)
  • 時間:19:30~20:40 / 20:50~22:00(2日前までに要予約)
  • 入館料:大人(中学生以上)510円 小人(3歳以上小学生以下)310円
  • アクセス:延岡駅から車で20分

2. 青島

もう誰が何と言っても「青島」は外せませんね。

実は私も九州を旅した時に宮崎県はとても
いいところだなと思っていたのです。

もちろん青島にも行きましたよ。

青島神社にいく途中で星の砂みたいなのを
拾い上げたり、小さな貝が砂に混ざっていて
旅行気分が盛り上がりました。

またこの青島神社に向かうあたりは鬼の洗濯岩と言われる
ギザギザになった岩がずらーーーーと広がっています。

異様な光景にも見えますが、厳かにも見えます。

夜は灯りがないため、星が綺麗に見えるのですね。

天の川も期待できそうですよ。

青島神社脇の砂のところや橋から天の川を観てみましょう。

地元でない方はレンタカーやタクシーを駆使して
ぜひ行ってみてください。

近くにはビーチや温泉などもあるので昼間は
ビーチで思いっきりを夏を満喫して
夜は天の川でロマンチックに!

  • 場所:青島神社
  • 住所:宮崎市青島2-13-1
  • 電話:0985-65-1262
  • アクセス:JR青島駅から徒歩約15分

3. フェニックス道の駅

堀切峠から1km下ると道の駅フェニックスがあります。

道の駅は数々あれど、ここからの眺めはかなり癒されます。

日南海岸にあたる場所で、海が一面に広がる景色は
ドライブにもよさそうです。

私が東京から行ったときは駅からレンタカーで
海岸線沿いを回りましたが、どこを走っていても
車を止めて景色をボーと眺めていました(笑)

道の駅には展望台もありますので、少し早めに出かけて
月が沈むまでこちらで過ごすのもよさそうです。

建物自体は18時までの営業になるので、
天の川を見る頃には閉店しているので
ドリンクなどはどこかで調達してから
向かいましょう。

全面海な上に街の明かりなどに邪魔されることが
ないので天の川も期待できそうです。

お天気次第というところでしょう。

宮崎県の道の駅フェニックスからの太平洋を一望できる展望スポットで天の川を見よう
引用元:LINEトラベル
  • 場所:道の駅フェニックス
  • 住所:宮崎市内海381-1
  • 電話:0985-65-2773(物産館)
  • アクセス:宮崎交通バス道の駅フェニックスバス停からすぐ

4. 都井岬(といみさき)

天体観測には灯台がスポットとしてよく取り上げられます。

宮崎県の最南端に位置する都井岬は、
白の灯台でとても美しいと言われています。

九州で唯一の灯台ということもあり知名度も高い場所ですね。

灯台から天の川を見るときは、灯台の明かりがない方向を
観測するようにすると肉眼でも天の川が見れる期待できます。

写真家も天の川を撮影するために訪れる場所です。

九州唯一の灯台都井岬から天の川を肉眼でも見ることができるスポット
引用元:写真家 綾順博のブログ
  • 場所:都井岬灯台
  • 住所:宮崎県串間市大字大納字御崎
  • 営業時間:9:00~16:30
  • アクセス:串間駅からバスで45分

5. たちばな天文台

やはり天文台は施設がある分、夜でも怖くないのが
いいところ
ですね。

たちばな天文台から天体観測もできるスポット

展望台など入館する場合や観測体験を希望の方は
要予約なのであらかじめ連絡して空きを確認してください。

天の川を見るだけなら入館関係なく
観測にいい場所を見つけて空をみあげましょう。

敷物など持っていくと便利かも。

さすがに1人行動は自粛した方がいいですが、
お友達数人と行くならおすすめです。

天の川の写真を撮りに行く人もかならず足を運ぶスポットですので
ぜひカメラ持参で行きましょう。

たちばな天文台からの天体観測も有名なスポットです
引用元:twitter
  • 場所:たちばな天文台
  • 住所:宮崎県都城市高崎町大牟田1461-22
  • 施設:AM 10時 ~ PM 15時 / 19時~22時 (夜は金・土曜・祝前日のみ※要予約)
  • 施設料金:310円
  • 電話:0986-62-4936
  • アクセス:JR吉都線「高崎新田駅」から徒歩約20分

天の川はいつごろ見るのがいいの?

天の川は夏にみましょう。

もちろん7月7日(日曜日)ですね。

見る時期は?

やはり流星群が活発化している夏の時期に
天の川を見たいです。

7月7日の七夕、22:30頃~明け方まで

2019年の7月7日は月が夜の22:32に沈む予定です。

街の明かりがなくお天気がよければ絶好の観測日和です。

織姫様と彦星様に出会えるでしょうか(^^)

天の川は、はくちょう座のある天頂付近から
南の地平線に向かって淡い雲のように流れます。

ただし天の川は薄い小さな星が寄り集まって
ひとつの川になるので、街の明かりは絶対にNGです。

視界の広がった暗いところが絶対条件となります。

2019年は月の明かりに邪魔されることがない為
お天気頼みになりますが最大のチャンスですよ!

九州の宮崎県の天体観測スポットで天の川を見よう

宮崎県は九州の中でも天の川を見るスポットが
目白押しでお勧めです。

今から旅行に組み込んでレンタカーを借りて
ドライブしつつ天の川を見に行きましょう。

  • とにかく明かりのない場所でないと天の川を肉眼で見ることが難しい
  • 光害が少ないとされる九州でも宮崎県は観測スポットが目白押し
  • 7月7日22:30頃から見ごろ

スポンサーリンク