【星稜高校】選抜高校野球2019スカウトも注目する投手奥川恭伸とは?

高校ビッグ4と呼ばれる逸材として
プロも大注目をしている奥川恭伸って
どんな選手なの?

星稜高校の要と言っても過言ではないほどの
注目株です。

プロフィールや投手データを
まとめてみました。


スポンサーリンク

奥川恭伸のプロフィールや投手戦闘力とは?

投手力の高さが強みの星陵高校で
最もバランスの取れた投手と言われています。

奥川恭伸の投手力をデータで見ていきましょう。

プロフィール

    星稜高校ー奥川恭伸投手プロフィール
  • 名前:奥川 恭伸(おくかわ やすのぶ)
  • 生年月日:2001年4月16日
  • 利き腕:右投右打
  • 身長:183cm
  • 体重:82kg
  • ポジション:投手
  • 最高球速:150km
  • 所属:星稜
  • 学年:新3年
  • 中学:かほく市立宇ノ気中
  • 高校:星稜
  • 日本代表:BFA U-18アジア選手権日本代表(2018年)
  • 全国大会(中学):2016年全国中学校軟式野球大会(優勝)
  • 全国大会(高校):2018年選抜高等学校野球大会(ベスト8)
  • 2018年全国高校野球選手権大会(2回戦)
  • 2018年明治神宮野球大会(高校野球)(準優勝)
  • 2019年選抜高等学校野球大会(1回戦)
  • ドラフト:2019年ドラフト候補

最速150キロを投げる本格派の右腕投手。

高校1年の春からベンチ入りを果たし、
2018年には、アジア選手権高校日本代表に
2年生で唯一選ばれた
本気の注目株です。

直球、スライダーやフォークボールも
切れ味は抜群なんです。

打者の狙いに応じて球速や曲がり幅を変える事が
できるという、スゴイ力を持っています。

あのゴジラ松井秀喜以来のスター選手
生まれそうです!

今回の選抜高校野球に出場する主力投手の中で
防御率0.60とほぼ完璧な投球を披露して信頼度も
とても高いのです。

しかも彼は、自分の分析を冷静にできて、
課題を自身でみつけて克服をしてしまう
冷静な判断力ももっているようです。

2018年の夏の甲子園で脱水症状で
足がつり、四回限りで降板をしました。

2018年の夏は異常に暑かったのを覚えています。

誰か倒れるんじゃないかって思ってみていた記憶が
ありますよ。

このときチームはさよなら負けをしてしまいました。

その後から、奥川恭伸は、水分の取り方や食生活にも
気を配るようになりました。

プロ並のモチベーションですよね(^^)

これはスカウトマンが注目するのもうなずけます。

星稜高校の林和成監督の評価

目の前のハードルに対し、自分で考えてひとつずつクリアしていけるのが、奥川の強み

さすが小学校3年の時から本格的に野球を始めた
野球一筋の選手ですね!

星稜高校奥川恭伸ピッチング風景

 

投手成績データ

日付 2018-11-13 2018-11-12 2018-11-10 2018-10-22 2018-10-21
打順 5番 5番 5番 5番 5番
守備
投球回 1 1/3 7 7 15
被安打 0 4 3 9
奪三振 3 12 11 17
自責点 0 0 0 0
試合 vs札幌大谷 vs高松商 vs広陵 vs啓新 vs東海大諏訪

 

選抜高校野球2019の投手データランキング

防御率ベスト5

  • 1位:飯塚(習志野)
  • 2位:奥川(星稜)
  • 3位:西舘(筑陽学園)
  • 4位:宮口(明石商)
  • 5位:太田(札幌太谷)

奪三振率ベスト10

  • 1位:及川(横浜)
  • 2位:中森(明石商)
  • 3位:奥川(星稜)
  • 4位:清水(履正社)
  • 5位:中塚(高松商)

被安打率ベスト10

  • 1位:太田(札幌大谷)
  • 2位:及川(横浜)
  • 3位:奥田(東邦)
  • 4位:奥川(星稜)
  • 5位:清水(履正社)

与四死球率ベスト10

  • 1位:奥川(星稜)
  • 2位:小橋(福知山成美)
  • 3位:沼田仁(呉)
  • 4位:村田(春日部共栄)
  • 5位:西舘(筑陽学園)

奥川恭伸がバランスのいい投手なのが
わかりますね。

スカウトマンの見解

3月16日の練習試合に、6球団13人のスカウト陣が
詰め掛けて、奥川の投球を見に来ていました。

米村明アマスカウトチーフの見解
より勝てる投手になってきた。
完成度なら高校生では恐らく一番
いや社会人、大学を合わせても、そうかも知れない。
オリックス・古屋英夫編成部副部長の見解

球が速いだけの投手ならいるが、それに加えて、変化球の使い方などの完成度が高い

引用元:スポニチ

 


スポンサーリンク

星陵高校メンバー

星稜高校は2018年に続き連続出場13回目となります。

あの、ゴジラ松井秀樹選手の母校でもありますね。

優勝争いの筆頭に、星稜高校の名が各メディアでも
上がっています。

やはり、投手の奥川が安定しているという太い柱があり、
後押しするように、寺沢や萩原も控えて奥川の負担も
軽減できるメンバーが揃っているのが強みですね。

平均失策数が0.46と、どのチームよりも抜きん出てトップ
というデータ分析がされています。

守りも堅いのですが、打線が少し心配との声があります。

この打線がどこまで奮起するからで初優勝への確率が
高まります。

32校中、総合的に投手力と攻撃力を合わせて
戦闘能力の高いトップ4
とも言われています。

トップ4とは・・・
札幌大谷、横浜、広陵、星稜の4校

星稜高校メンバーを紹介します。

まずは星稜高校の林和成監督のプロフィールです。

    星稜高校の監督:林和成プロフィール
    引用元:夕刊フジ
  • 監督:林 和成
  • 生年月日:1975年7月23日
  • 出身:金沢市
  • 星稜高校で主に遊撃手として活躍し、
    甲子園に春1回、夏2回出場経験あり
  • 日大では準硬式野球部で、卒業後に、
    母校でコーチ業に就任
  • 2004年には部長を務め、2011年から
    監督に就任
  • 社会科教諭
背番号 選手 守備 学年 中学 投/打 身長/体重
1 奥川恭伸 投手 3年 かほく市立宇ノ気中 右/右 183/82
2 山瀬慎之助 捕手 3年 かほく市立宇ノ気中 右/右 177/82
3 福本陽生 内野手 3年 東練馬リトルシニア 右/右 170/75
4 山本伊織 内野手 3年 東京神宮リトルシニア 右/両 172/67
5 知田爽汰 内野手 2年 星稜中 右/左 174/75
6 内山壮真 内野手 2年 星稜中 右/右 172/72
7 有松和輝 外野手 3年 星稜中 右/右 173/78
8 東海林航介 外野手 3年 星稜中 右/左 180/72
9 岡田大響 外野手 3年 星稜中 左/左 178/75
10 寺沢孝多 投手 3年 星稜中 左/左 174/69
11 荻原吟哉 投手 2年 星稜中 右/右 172/72
12 新保温己 内野手 3年 星稜中 右/右 165/63
13 大高正寛 外野手 3年 星稜中 右/右 174/86
14 寺西成騎 外野手 2年 星稜中 右/右 186/79
15 今井秀輔 外野手 2年 金沢リトルシニア 右/右 183/86
16 竹村紘人 外野手 3年 金沢ヤングブルーウェーブ 右/左 174/69
17 吉本有佑 捕手 3年 星稜中 右/右 173/78
18 高木宏望 内野手 2年 星稜中 右/左 170/74

まとめ

  • 奥川恭伸は最速150キロの右投げ投手
  • スカウトマンがドラフト要員として注目している
  • 高校ビッグ4と呼ばれる実力派
  • 防御率0.60とほぼ完璧と言われる
  • チームも失策数が0.46と今大会出場校中トップ

スポンサーリンク