【ネタバレ】映画motherマザーの感想!結末の考察をしてみた


スポンサーリンク

長澤まさみの新境地と言われる
演技が話題になっている映画です。

「 Motherマザー」は何かの賞をとりそうな
そんな印象深い映画でした。

早速観てきたので感想を書こうかなと
軽く考えていたんですが、結構ヘビーで
観ている間中ずっと辛い映画でした。

感じる人で捉え方がずいぶん異なるだろうなって
思うような内容なので映画好きの未婚の女性の
目線の感想です。

衝撃の結末の考察もしてみましたよ〜。


スポンサーリンク

映画 Motherマザーを見た感想が辛すぎた理由を考察してみたよ。

はっきり言うと「ひとつも救いようのない」
映画であることは先に伝えておきます。

ただなぜか泣けました。

そして長澤まさみと阿部サダヲが
めちゃくちゃにムカつきますwww

辛すぎた感想

始まりから終わりまでどこか漂う
退廃感。

見ている間中、ずっと辛くて胸が
苦しかったです。

もし今、落ち込んでいる人は
見ないことをおすすめしておきます(笑)

映画としては一切救いがないって
どんだけしんどい映画やって思うんですが
結末を見た時、何か考えさせられることが
あると思います。

そしてなぜか涙がでてくるんですよ。

こんなしんどい映画なのに・・・。

映画として感想をいうなれば
キャストの演技がうますぎて
成り立っている映画だと思いました。

全体的なストーリーとしては
ちょっと深みがないっていうか
ただひたすらに苦しいシーンが
並んでいるように感じました。

じゃあなぜ涙がでるかって、
息子役をやった奥平大兼が
めちゃくちゃいい演技だったからなんです。

この息子役がうまくてあまりに自然で
純粋だったから涙がでたんですよね。

彼の演技をみるだけでもみる価値は
大いにあります。

むしろ母親よりもこの息子の
周平に観る人は寄り添うのでは
と思いました。

日本映画も面白いなって
素直にそう思えましたから。

母親がなぜそんなクズなのか
別れた旦那や両親はちゃんとした
印象なのになぜんだろうという背景が
一切見えなかった部分が残念だったように思います。

何がそんなに辛くなるの?

じゃあ何がそんなに辛いのかって
いうと、実の母親がクズすぎるからです。

とにかくクズです。

言葉が悪くてすみません(汗)

でもこの言葉がぴったりなんですよ。

まだ11歳の息子の目の前で
ゆきずりの男に溺れまくります。

DVされまくる母親を見ながら
少年は母親をかばおうとするんです。

とにかく母親が、金、男に溺れて
働かないし、その場その日暮らし。

ゲーセンで出会ったゆきずりの男と
自宅へ戻りそのままずるずると関係を持つ。

子供にカップ麺を買いに行かせ
お楽しみにふける。

子供は承知しているからじっと
外で待っているというような生活を
しています。

役所の男とも関係をもっているようで
新しくできた男と大阪へ旅にでるために
息子を役所の男におしつけて1週間も家を
空けてしまいます。

電気やガスもとまった家で
ずっと帰りを待ち続けるんですね。

「なんで?」

ねえ何で逃げ出さないの?

なんで母親の言うことを聞いてしまうの?

母親はなんでこんなに男にだらしないの?

どうして働かず息子に祖母のところへ
金の無心に行かせられるの?

ずっとみている間、なぜ?と
問いかけたくなる映画だったんです。

それが共依存という一種の病気の
ようなもので親子がつながっていた
ことが悲劇を生みました。

runa
runa

こんな最低な親いるの?ってくらいひどいです。

共依存という恐怖

クズの愚行を見ているともしや
児童虐待?とか思ってみていたんだけど
そうじゃないんです。

なんと自分の子供を愛しているという
歪みすぎた愛情を持っているんです。

これを共依存というんですね。

共依存とは?

依存先を独占することで相手を支配すること」だと理解しております。私にだけ依存しなさい、みたいな立ち位置といいましょうかね。

“あなたのことを支えられるのは私だけですよ”とか、“あなたのことを本当に理解しているのは私だけなんだ”というような振る舞いのことです。これってすごく怖いことで、まさに暴力の一歩手前なんですよね。

引用元:gensai-is media.jp

母親が小さい頃から息子に
依存するのは自分だけにという
育て方をしてきたんですね。

学校にも行かずに母親の言うことだけを
聞いて生きてきた少年はどんな劣悪の環境
だろうと助けてくれようとしている人が
現れても母親を選んでしまうんです。

ここが辛くて仕方ないし、
共依存とはなんと恐ろしいんだろうと
思いました。

結末についての考察

【ネタバレ】映画motherマザーの感想!結末の考察をしてみた
引用元:YouTube

ラストは母親の顔のアップで終わります。

息子が殺人を犯し、12年の判決が
出た後のシーンです。

福祉の人が息子が「お母さんを好きだ」と
言っていたと告げた後、
静かにうっすら笑いました。

えっ?!

そう、母親はまだ息子は自分の分身で
あることを確信したんですよ。

息子が刑務所に入ったのは、
母親の両親(祖父母)を殺害したからです。

これは母親が息子に命令したものです。

金欲しさにですよ。

そして有無を言わせず息子は祖父母を
殺害してしまいました。

本当になんの感情も爆発させずに
母親に言われたからやるしかないんですよ。

そしてそれは自分でも母親のために
やるべきなんだと思い込まざるをえない
からなんです。

お母さんが好きだからです。

17年間ずっと友達もいず学校へも行かず
母親のそばで母親の言うことだけが真実と
思い込んで生きてきた。

物心つく頃にはそれが人間として
まともなことじゃないのは気付いていたけど
すがる母親を捨てることができない。

共依存だからです。

福祉の人がお母さんと離れて暮らすことも
できるし、大人になるのは楽しいことだと
教えてくれます。

心は動いているんだけど、母親が何か言えば
その気持ちも閉ざしてしまう。

これは病気ですよね。

福祉の女性が刑務所で面談するときに
ずっと間違っていた」と言います。

ずっとわかってはいたんですね。

ただどうしても母親の呪縛から逃れる
ことができないようにされていたのです。

そこに実の親子という母親にたいする
愛情があるから余計に救いようがなかった
んですよね。

子供の育つ環境ってすっごく大事って
いうのがよくわかりますね。

自分の息子をどう育てようと勝手だと
事あるごとに叫んでましたが、この母親を
なんとかしないと出所してきた息子にまた
同じことをすると思います。

息子の人格はなかったものと
同じ状況ですよね。

本当の恐ろしい病気ですね。

福祉の人たちがそれを制すことが
できるとは思えない終わり方でした。

演技派が揃ったキャストと役について詳細と背景は?

何度か言いましたがこの映画が
すごいのはキャストの演技力です。

特に長澤まさみが取り上げられていますが
何よりも息子役の奥平大兼が素晴らしかったです。

長澤まさみ(秋子役)

長澤まさみの体当たり演技も話題の【ネタバレ】映画motherマザーの感想!結末の考察をしてみた
引用元:映画.com

長澤まさみと言えば明るいキャラクターで
きれいな役が多いので今回の演技で新境地を
開いたと言われています。

ここまでのクズな女性を演じたことは
なかったですね。

今でも「周平」とよぶ声が耳から
離れないくらい爪痕は残されましたよ。

男を誘うシーンも色っぽくて
だらしなくてなんか心底嫌いに
なりましたから(笑)

ホームレスになりながらも
白髪が増えたことを気にして
鏡を見ているところなどは
生々しかったですね。

この映画を見ていて長澤まさみに
どうしても見えてしまう部分もありますが
今までのイメージとは正反対な役柄で
演技力を絶賛されています。

確かにすごかったけど鬼気迫るものは
あまり感じなかったかな?

きれいすぎるんですねw

どうしても長澤まさみに
見えちゃう(汗)

でもきっと何かの賞を取りそうな
予感は沸々としています。

役柄のせいかちょっと丸みを
帯びている体つきになっていました。

これも役柄のためにそうしているなら
すごい女優魂ですね!!

奥平大兼(周平役)

【ネタバレ】映画motherマザーの感想!結末の考察をしてみた。奥平大兼が新人とは思えない演技で魅了。
引用元:映画.com

17歳に成長するまでの前半は
子役の郡司翔が演じています。

17歳になってからの後半を
奥平大兼が演じています。

この二人がほとんどセリフがなくて
目の動きと歩き方とかで表現していて
本当にすばらしかったのです。

奥平大兼はこの映画がデビューという
大抜擢された新人です。

どことなく雰囲気が柳楽優弥に
似ていると思いませんか。

「誰も知らない」という映画で
デビューをしてカンヌ国際映画祭で
史上最年少で受賞をした俳優です。

【ネタバレ】映画motherマザーの感想!結末の考察をしてみた
引用元:CHINTAI情報局

何か秘めている感じとどこか
ものさみしさと芯の強さみたいなのが
似ているなあと思いました。

【ネタバレ】映画motherマザーの感想!結末の考察をしてみた
引用元:ザテレビジョン

目の寂しさが似てるのかな。

そう思ってみると役柄も
共通点があるように思いました。

とにかくどん底を生きているんですよね。

セリフが少ないのにここまで
表現力が豊かなのはなぜ?

演技の勉強をしていたわけでは
ないとのことなのに、天性のものと
思えます。

周平の人物像がセリフが
少ないのに見えてくるところに
感動をしてしまいました。

お母さんを好きなのは本当だと思うし
でもその半面で学校へ行き勉強もしたい。

でも母親をほおっておけない。

自分がやらないと母親も妹もダメに
なってしまうという思いが痛々しいほど
画面を通して伝わってきたんですよね。

誰に対しても冷静沈着で
まじめで優しい子なのも
伝わってきて涙でちゃうんですよ。

ほんと。

周平が主役といっても過言でないくらい
重要な役どころですし、ここが下手っぴぃ
だったらここまで映画が話題になることも
なかったと思います。

母親よりも周平に見ている人の
心は寄り添っていただのではないのでしょうか。

新人賞をあげてほしいw

この映画の最大重要ポイントは
周平だったと思います。

runa
runa

将来がめちゃくちゃ楽しみな俳優ですよ!

阿部サダヲ(遼役)

【ネタバレ】映画motherマザーの感想!結末の考察をしてみた。阿部サダヲは安定の演技力。
引用元:YouTube

阿部サダヲといえばクドカン常連の
コメディタッチのイメージが
非常に強いです。

今回の役はクズのヒモ男なんですが
どこかコミカルなんですよね(笑)

やっぱりご本人の持っている素質
なんでしょうか?

大阪のホストという触れ込みですが
どう見てもホストは無理でしょうって
普通思いますよね(汗)

よく考えてみると大阪って
結構、「えっ」っていうホスト
普通にいますwww

だから関西人の私からすると
そこまで違和感はなかったんですけど
違和感を覚える人も多かったようです。

秋子に暴力をふるうところは
振り切っていて本気の恐ろしさを
感じました・・・。

どこかポップな世界が見えてしまう。

有名人すぎたのかなとも思えます。

でもこの映画を無名の俳優でそろえると
本気の本気で救いのない気持ちになる
危険性があったのでキャスティングは
正解だったのだと今は思います。

阿部サダヲすごい~!

振り切れてる~!

くらい思ってみるほうが
なんとなく気持ちが助かります!

映画の原作となった背景になった実際の事件とは?映画のあらすじまで。

この映画が実話に基づいたものと
言われましたが、ある事件を元に
脚本されたものなので映画とは
事実が異なります。

映画の元になった事件とは?

2014年3月、埼玉県川口市で17歳の少年が祖父母を殺害した上、キャッシュカードなどを奪う事件が起きました。少年は強盗殺人容疑で逮捕され、裁判で懲役15年の判決が出て服役中です。

引用元:yahoo news

まだ記憶に新しい事件であります。

17歳の少年が祖父母を殺害した
事件を元に脚本が作成されました。

この実際に起きた祖父母殺害事件は
1冊の本にもなっています。

【ネタバレ】映画motherマザーの感想!結末の考察をしてみた。元になった事件とは。
引用元:yahoo news

「誰も僕をみていない」という本です。

元になった事件はそれはひどい
境遇で育った少年がやっぱり
共依存で母親を悪いと思っていない
というところに絶望を感じます。

少年が実母と養父から身体的・性的虐待を受けてきたこと。

小学5年生から学校にも通わせてもらえず、各地を転々とし、時に野宿生活を強いられていたことです。

働こうとしない母親に代わり、少年は後に殺害してしまう祖父母を含む親戚に借金しまくり、生活費の工面をしてきました。

年の離れた妹を親代わりに育てたのも少年だったと言います。

引用元:yahoo news

懲役15年の判決を受けて
今現在服役中です。

もしかすると娘を母親が引き取って
同じことを繰り返してしまう恐怖も
ありますね。

これが親子愛だなんて
普通に暮らしてきた私には
想像を絶します。

興味ある人は読んでみてください。

特に同じ年頃の子供をお持ちの人は
すごく考えさせられることもあるかもですね。


あらすじ

少年による祖父母殺害事件——

すべてを狂わせる《この女》、

聖母(マリア)か。怪物(モンスター)か。

ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活をおくる自堕落で奔放な女・秋子。

しかし、彼女の幼い息子・周平には、そんな母親しか頼るものはなかった。

やがて寄る辺ない社会の底辺で生き抜く、母と息子の間に“ある感情”が生まれる。

そして、成長した周平が起こした“凄惨な事件”。

彼が罪を犯してまで守りたかったものとは——?

引用元:映画ログプラス

この映画のポイントは?

  • 周平役の奥平大兼の演技
  • 長澤まさみの新境地
  • 阿部サダヲの軽いようで怖い存在感
  • 親子愛について深く考えてしまう

この4つの点がこの映画の最大の
見どころだと思いました。

何と言っても奥平大兼の演技は
本当に素晴らしくて惹きこまれて
しまうスター性を持っていることです。

この映画がデビューだったかもしれませんが、
今後の映画も吟味していい映画に
出てほしいなと将来性を期待してしまう
そんな俳優さんに感動です。

やっぱり長澤まさみが体当たり演技
で女優としての幅を広げたことですね。

いくらきれいでも年齢を重ねれば
本気で演技がうまくないと
沈んでしまう世界だと思うし、
これは長澤まさみにとってはチャンスですね!

クズでもきれいだから!(笑)

阿部サダヲが相変わらず
個性バリバリで軽さと重さを
見ているだけで何となく興味を
惹くっていうのがすごいと思います。

何よりも映画の本題である
親子愛について考えてしまう
問題作品だといえますね。

私は人の親ではないけど
自分の親を自分の息子に
殺害に生かせる心理とは何かを
考えてしんどくなりましたから。

この辺りをポイントに観ると
さらに映画として楽しめると
思います。

まとめ

  • 奥平大兼(周平役)の演技が素晴らしいのでそれを見るだけでも価値がある
  • 長澤まさみと阿部サダヲのクズすぎり演技がすごすぎて嫌いになってしまう恐れあり
  • 一人で見に行くのもいいが誰かと行って終わってから討論するのにぴったりの映画
  • 日本映画も面白いなって思わせてくれる力作
  • 映画の元になった事件と映画は別物(インスピレーションを得て映画用に作られたもの)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です