【天才スケーター】かわいすぎる本田紗来の父親の職業と年収は?

本田紗来が天才的なスケーターで
ありながら可愛すぎると大絶賛されて
います。

紗来さんは5人兄弟の末っ子です。
4兄弟がフィギュア選手というスゴイ家族
なんです。

4人をフィギュア選手に育てるには
お金もかかるだろうし、両親がどんな
職業なのかも気になりますよね。


スポンサーリンク

本田紗来の父親の職業と年収はどれくらいなの?

1人のスケーターを育てるには1000万円は
かかると言われています。

本田家は紗来さんの上に太一、真凛、望結の
4人ともがフィギュアをされています。

一体いくらかかってしまうのか・・・

お金もちしかフィギュア選手を目指す
事ができないという認識がありました。

どんな仕事をしていていくらくらいの年収が
あれば、こんな夢のような子育てができるのか
調べてみました。

父親の職業

噂が色々あって、実はサラリーマンだと
いうのが多かったのですが、よくよく調べて
みると、ある会社の役員をやっていると
いう事です。

ある会社というのが、父親のお父さんにあたる
紗来さんにとっては、おじいちゃんの会社なんです。

祖父の会社の役員ということです。

サラリーマンといえば間違いなはないですね。

役員なら普通のサラリーマンよりは収入は
格段にいいと思います。

しかし、4人のフィギュア選手を育てるには
それだけでは今ひとつ心もとないですね。

実は、祖父の会社と言うのは、年商20億円の
売上
を誇る京都では大会社なのです。

祖父の会社

祖父がまたすごい人なんですよ。

元々は商社マンをしていたんですが、
結婚された奥様(紗来さんのおばあちゃまですね)
のお家へ婿養子に入りました。

奥様の家が運送会社を営んでいて、
本田家に入ってから祖父が、経営改革を
しました。

ただの運送会社から高額な精密機器を運送する
物流会社へと変更していったんですね。

この精密機器というのは、1台運び込んで
設置するだけで、数千万円の売上があがる
そうなんです。

す、す、すごい!

精密機器なので扱いは慎重かつ厳重でという
負荷はかかりますが、数千万の売上が上がるなら
がんばりますよね(笑)

あれよあれよと年商20億円を稼いでしまったん
ですね。

祖父はすごい人だ~。

で、息子である紗来さんの父親がこの会社の
役員になって、社長となるところなんですが、
4兄弟の才能を育てるために、会社の役員のような
重役をこなせるわけがないという事で・・・。

ここが家族経営のすごいところなんですが、
次男の淑久さんが社長として会社を切り盛りし、
紗来さんの父親の竜一さんは、役員と株主として
終に収入を得て、子供たちの教育に専念している
というわけです。

すごいな~。

両親が育てているというよりは、
本田一族が、育てているということ
なんですね。

というのも、はっきりとこの会社が本田竜一の
お父様の会社ですと発表があったわけではない
のですね。

わかっている条件に当てはまる会社が浮上している
ということなんです。

2017年にlivedoorのニュースで明らかに
されたところから、丸一商事の可能性が
かなり濃厚です。

  • 京都府京都市伏見区である
  • 4つの会社を運営
  • 精密機器関連の製造・運送業である
  • livedoornews

    紗来さんの父親の竜一さんには弟さんが
    いるんですが、この方が丸一商事の関連会社の
    社長もされている本田淑久さんです。

    竜一さんと似ていませんか?

    弟さんとされる本田淑久さん

    本田淑久さん
    ◆本田淑久さん◆

    こちらが紗来さんの父親の竜一さん

    本田竜一さん
    ◆本田竜一さん◆

    ほぼ間違いないでしょうね。

    それにしても祖父の経営才能はすごいですね。

    その血筋は孫の代まで才能に溢れていますね。


    スポンサーリンク

    年収

    そうなってくると気になるのが年収です。

    紗来さんの父親の竜一さんが、役員と株主という
    ことなので、かなりの収入があるのは間違いないですね。

    株主は、会社の売上の数パーセントが
    配当されるわけなので、竜一さんは、
    実質、仕事は子供たちを世界のフィギュア
    選手に育てることなんですね。

    一般庶民の私からすると年収がどれほどの
    ものなのか想像もつかないです(泣)

    世の中の平均から考えると、社長の年収が
    4,381万円というデータがあります。

    でも本田一族の年商は20億円なので
    この金額は比ではないんでしょう。

    役位別平均額では、
    社長の年間報酬は4381万円、25歳従業員の年収の約12倍
    参照元:プロフェッショナルネットワーク

    それに、株主としての配当金が入ってきます。

    株主の配当金とは?
    株の配当金とは、企業が上げた利益の一部を、オーナーである株主に還元するもの。
    配当利回り(%)=1株あたりの配当金÷現在の株価

    2019年3月1日付けの高配当の株価を参照にして
    見てみるとなんとなくこれぐらいかなという
    予測がされますね。

    高配当例

    なるほど、これは働かなくても、教育に専念が
    できますし、4人の天才スケーターを育てられますね。

    いやあ~すごい家系です。

    本田家一族で応援している本田4兄弟の
    活躍に期待できそうですね。

    しかも本田紗来さんは、天才的なスケーターと
    して大注目されています。

    これからも本田一族には頑張って
    もらいたいところです(^^)

    まとめ

    • 本田紗来の父親は本田竜一
    • 祖父の会社の役員であり株主での収入
    • 年収は2000万円以上であると推測される

    スポンサーリンク