【ドラフト候補2019】急成長中!武田高校の谷岡楓太の球種と球速とは?


スポンサーリンク

広島の注目株!武田高校の谷岡楓太選手の球種や球速は?  

 

谷岡楓太プロフィール

    武田高校の谷岡楓太
    引用元:exite blog
  • 名前:谷岡 楓太(たにおか ふうた)
  • 生まれ:2001年生まれ
  • 出身地:広島県広島市
  • 身長:175cm
  • 体重:82kg
  • 投打:右投げ 右打ち
  • 小学校:広島市立日浦小学校
  • 中学校:広島市立日浦中学校
  • 高校:武田高校

球種と球速

  • 球種:ナックルカーブ、スライダー、フォークボール、ストレート
  • 球速:152キロmax
  • 自己ベストの152キロを記録し、俄然ドラフト候補と
    言われるようになりました。

    驚く事には、最初入学した時の球速は、125キロでした。

    岡嵜監督の指導の元で、トレーニングを続けた結果・・・

    • 入学から2か月後:135キロ
    • 1年生の夏:140キロ突破
    • 2年生の夏:148キロ
    • 秋の公式戦終了後:151キロ
    • 6月8日の近大付との練習試合:152キロ

    すごい躍進ですね!

    こんなにめきめきと球速を挙げることができるものなんですね。


    引用元:youtube

    野球をやったことがないから憶測になりますが、
    武田高校は進学校ということで練習時間が
    極端に短い為、今までノーマークの高校でした。

    今後の課題は、155キロを目指すことです。

    2年生の時に監督と目標を決めました。

    1. 公式戦での150キロ超え
    2. 最速155キロ到達

    これが達成できればドラフト候補に間違いなく入りそうです。

    こんなに順調に早くに成果を上げているのをみると
    それも夢ではないように思います。

    谷岡本人も次のようにコメントしています。

    152を出したときも、脱力を意識しながら149、151を投げた流れでの更新でした。

    かなり感覚が掴めてきましたし、狙わなくてもスピードが出させるようになってきたと感じています。

    それと、新しい変化球を練習中なんですが、その新球がストレートにもいい影響を与えてくれていると思います。

    引用元:yahoo news

    自信が本人から漂っていますね。

    数字ではっきり見えるためモチベーションアップにつながりますね。

    谷岡楓太を表現するとき、ナックルボールが取り上げられます。

    ナックルボール自体、投げる投手がほとんどいなくなっている
    という事です。

    魔球と言われるボールだからです。

    球速を挙げれないため、どこに落ちるかわからないという
    デメリットも大きいため、取得する人が少ないのかもしれませんね。

    谷岡楓太の投げるナックルボールは、消えるということで
    本気の魔球ですね!

    球速ももちろんですが、球種も増やしていこうと
    目標を設定し特訓中なのです。

    「スラッター」と呼ばれる変化球に取り組んでいるのですが、
    このスラッターというのは、スライダーとカットボールの中間のような
    変化を見せる球種で、ストレートで最速を出すための球種なのです。

    るんるん

    なになに?そんなすごい球種があるの?!

    球速の目標について谷岡楓太本人から
    次のようにコメントしています。

    スラッターのリリースが、『アメフトボール投げ』と同じなんです。アメフトボールにジャイロ回転をかけるイメージで野球ボールを投げるとスラッターになる。

    アメフトボールを投げることで、リリースの感覚と手首の角度を上手く調整することができるんですが、スラッターを試合で投げたとき、それと同じ効果があると感じています。

    なので、夏もスラッターのあとに投げるストレートで最速を更新できるんじゃないか、と思っています。

    引用元:yahoo news

    さすが、自分の分析が冷静にされていて、
    伸びしろしか感じないコメントですね。

    進学校にありながら、谷岡楓太のようなエースが育ったのか
    武田高校の岡嵜監督の育成方法がとてもユニークで、理にかなっている
    方法なんです。

    詳細はこちらからどうぞ。

    武田高校野球部谷岡楓太
    ■武井壮のモチベーションアップできるツィートが部室に貼られている■
    引用元:yahoo news

    武井壮といつか対談してほしいですね!!

    広島県内の公式戦で、スピードガンで150キロを超えた投手が
    いない
    のだそうです。

    広陵高校時代の有原航平投手(現・日本ハム)が149キロを
    だしていますが、谷岡楓太が広島大会で150キロを超えてくれば
    武田高校にとっても広島にとっても大躍進です。

    広島は広陵高校だけじゃないぞー!というような感じですね(*^^*)

    そうなったほうが面白いですし、谷岡楓太のような無名の学校、
    無名の選手が注目を浴びるのが楽しみになりますね。

    2019年が谷岡楓太にとって最後の夏になります。

    ぜひとも150キロ超えを出して、大注目を浴びてほしいですね!!

    監督から見た谷岡楓太とは・・・

      谷岡は決して器用ではありません。

      できないことも多い選手です。

      けれども、『これをやってみよう』とこちらが指示をしたことは、手を抜かずに最後までやり遂げる。

      コーチやトレーナーから、野球の技術、体の構造、栄養についての知識を貪欲に吸収しようと食らいついていく

      その姿勢でここまで目標をクリアしてきているので、最後まで貫いて『甲子園に行って、高卒でプロ入り』という高校での最大の目標を達成してほしいですね

    なんだかわからないけど、めちゃくちゃ谷岡楓太には
    頑張ってほしいって思います。

    武田高校の谷岡楓太152キロ
    引用元:yahoo news

    るんるん

    プロ入りしてほしいなあ。

    2019年のドラフト候補と言われていますがどんな評価なの?

    急成長中で武田高校の谷岡楓太が注目されていますが、
    ドラフト候補としてはどんな評価なんでしょうか。

    ドラフト評価

    昨夏の甲子園に出場した近大付(大阪)との練習試合時に、
    自己最速を1キロ更新する152キロをマークしました。

    この時、巨人など4球団のスカウトが視察していました。

    谷岡楓太は14三振を奪い、実力を見せつけました。

    しかしこの試合で武田高校は、ノーヒット2ランで敗戦をしています。

      今秋のドラフト会議では、高校ビッグ4の次に
      取り上げられる投手と言われています。

    甲子園に出場できるかどうかでいうと、チーム力としては
    難しいと言われています。

    ただ大船渡高校の佐々木朗希と同じような境遇で
    甲子園には厳しいが、ドラフト候補としては、注目を
    集めています。

    各球団スカウトの評価も未来を感じるコメントが多いです。

    • 楽天:力強い球を投げるのは魅力。これから伸びしろがある投手。
    • 広島:真っすぐいい。スピードが出ていたし、変化球も良い。体はまだ成長段階かな。
    • DeNA:腕を振って投げらるし、ここまで馬力で投げている子はなかなかいないかな。
    • ヤクルト:まだまだこれからの選手。それがまた魅力でもあります。
    • 参照元:ドラフト候補リスト

    この夏、ドラフトの視察がどんどん加速化していくため
    150キロを出していけば、谷岡楓太プロ入りも夢ではなさそうです。

    応援しています!

    まとめ

    • 谷岡楓太は125キロからたった1年で150キロ超えの投手に成長
    • 球速な成長と自身をしっかり分析でき、155キロの目標をすでに見据えている
    • 右投げ、右打ち
    • 最高速度152キロをマーク
    • 球種は、ストレート、ナックルボール、スライダー、フォークボールにスラッター取得中
    • 2019年秋のドラフト候補
    • 間違いなく武田高校のエース

    スポンサーリンク