【九州地方2019】台風19号ハギビスのピーク!直撃する日時は?

【最新追記あり】

秋の過ごしやすいロマンチックな季節を
堪能する間もなく台風19号が発生してしまいました。

日本も吹っ飛びそうな勢力を増しているという
情報が流れていますので、要注意したいところです。

特に九州は幾度となく台風の直撃にて
打撃を受けているので、事前に情報を察知して
ピーク時に備えてくださいね。

九州地方の直撃ピークがいつなのかを
まとめました。

猛烈な勢いということなので要注意ですぞ!

スポンサーリンク

台風19号が九州へ直撃するピークはいつ?  

 

九州への直撃ピーク日時

10月12日(土)午前中~ピークを迎える
※10月9日現在の予報

ちょうど3連休が始まる日からピークを
迎える予想なんです。

※進路は急に変わる可能性もあるため
逐一情報確認をお勧めします。

ハギビス台風19号九州のピークはいつ

※10月9日現在の予報

しかも勢力が強いままの移動していくという
最悪の状態です。

10月9日には猛烈な勢力まで発達すると
いう事なので、日本直撃ではなくても
油断は禁物です。

9日になって直撃は関東地方と予想されました。

九州地方は直撃から多少外れる地域もありそうですが、
強風注意報が出ていますので、やはり過ぎ去るまでは
安全確保ですね。

【追記】
気象庁研究家の荒木さんがマジレスされてます。

本当に危険な台風という危機感が増します。

台風19号 10月7日(月)9時現在

  • 存在地域:マリアナ諸島
  •  大きさ階級:大型
  •  強さ階級:強い
  •  移動:西 30 km/h
  •  中心気圧:965 hPa
  •  最大風速:40 m/s (中心付近)
  •  最大瞬間風速:55 m/s
  • 引用元:weathernews


引用元:twitter

勢力と脅威

海面水温の図を見てみてください。

温度が、高いのがわかりますね。

台風19号ハギビスが九州上陸するピークはいつ?

引用元:weathernews

本州の南の海上の海面水温が27〜28℃(平年より1〜2℃高い)
ということで台風の勢力を増すのに絶好の環境となっているのです。

海面付近だけでなく、推進50Mのところまで
水温がなんと27℃以上で高くなっているので
勢力が落ちなくなっているんですね。

ですので10月9日(水曜日)には勢力が増大し、
猛烈な勢力まで発達
する見込みという事です。

猛烈ってめちゃくちゃすごそう・・・(コワイ)

台風と海面水温ってどうゆう関係について

熱帯から亜熱帯海域の暖かい海上(海面水温が26.5℃以上)で、台風は発生するといわれています。

高い海面水温は、熱帯で形成される弱い渦を最大風速~17m/s以上の台風へと強化するのに好都合な海の環境といえます。

しかし海面水温が26.5℃以上の海域では、すべての弱い渦が台風へと強化されるわけではありません。

台風が発生した後、熱帯から亜熱帯海域上の暖かい海域を移動します。

渦の強化により強まる海上付近の風は、海洋から大気へより多くの水蒸気を輸送するのに好都合です。

また強風により生じた台風直下の高波は海面状態を変化させることにより、大気と海洋の間で働く摩擦を大きくします。

この摩擦の効果により、北半球では反時計まわりに回転する台風の接線風が最大となる半径は引き締められ、同時に水蒸気は台風中心へ向けてより多く運ばれるようになります。

台風の眼の壁雲は上昇流が強く、台風中心へ向けて運ばれた水蒸気の多くは、ここで上空へ運ばれることとなります。

暖かく湿った大気が大気圧・温度共に低い上空へ運ばれると飽和し、そこで凝結することにより上空は暖められます。

また水蒸気から生成された雨粒、氷粒は落下することにより、眼の壁雲の外側を冷やすとともに、激しい雨をもたらします。

海面水温が高いほど大気中に含まれる水蒸気の量は多くなり、より多くの水蒸気が上空へ運ばれるため、台風の勢力はより強くなると考えられています。

では猛烈っていったいどれくらいの事を
指すのでしょうか。

  • 10月9日(水)9時:中心気圧は915hPa、最大風速は55m/s、最大瞬間風速は75m/s
  • 10月12日(土)9時:中心気圧935hPa、中心付近の最大風速は50m/s

数字だけ見ると猛烈な勢いということなんですが、
この数字はどれくらいかといいますと、下記の図が
基準とされています。

これから見ると10月9日は最大風速は55m/sと
予想されている為、猛烈に強い台風と言えますね。

階級 最大風速
強い 33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈に強い 54m/s(105ノット)以上

猛烈に強い台風となると人が外に出ることが
危険というレベル
なんですよ!

特急電車並みの速さで風が吹くと考えると
恐ろしくないですか?!!

走行中のトラックですら横転するほどの
猛烈さです。

2019年9月の千葉の瞬間最大風速は57.5m/sでした。

この時の被害はテレビなどで見たと思いますが、
屋根や壁が吹き飛んでいました。

これが続いた為、電柱が倒壊し木々が
倒れまくったんですよね。

今回の風速もほぼ千葉で起こった猛威に近い、
もしくはその上をゆく猛威と予想されています。

ますお

おそろしい(><)

絶対に外に出ないようにしようと心に
とどめてもらえましたか?

念のため、懐中電灯や水などの用意もしておくのが
いいですね。

食料も明日あたりには買いだめをしておくのも
おすすめです。

九州地方は台風では大きな被害にもあっている
場所なだけに、今から対策を練っておくに
越したことはありませんね。

数年前東京にいたときに激しい台風に
遭遇して店舗内にいたのですが、路面店だったため
扉の下から雨が流れ込んできて恐ろしかったのを
覚えています。

すごい勢いでした。

その時使用したのが土嚢です。

地味なんですが、土嚢は準備しておくと
きっと役立つと思います。

ただ重いのでぜひ男性に運んでもらいましょう。

参考までに・・・。

2020年以降の10月はどんな台風が発生するのでしょうか。

台風19号が猛烈に恐ろしいという事が
分かったと思います。

2020年以降も台風はやってきます。

2020年以降の台風発生予報

2020年以降の10月の台風発生は
今後どうなんでしょうか。

先に知っておくと心構えと準備が
出来ると思いますので、要チェックです!


引用元:weathernews

強い台風が発生するようですが、
今回の19号はさらに危険な台風となっているので
やはり今回は警戒がかなり必要と思いました。

自然災害だけは予測もつかない事が起き、
どうしようもない部分が大きいのですが、
台風が来るのがわかっていれば、出かけないとか
ある程度回避できることもあるかと思います。

台風15号でそれをとても感じました。

まとめ

  • 九州地方ピークは10月12日(土)午前中頃から
  • 10月9日は猛烈な台風となり外出は危険レベル
  • 3連休は台風が強まり直撃の予報

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です