グランプリ初制覇!見延和靖のフェンシング一筋の成績とは?

フェンシングの見延和靖が日本人では
初のグランプリ優勝を果たしましたね。

見延和靖の強さを誇る経歴が気になります。

プロフィールと経歴をまとめてみました。


スポンサーリンク

見延和靖のフェンシング一筋の経歴は? 

リオデジャネイロ五輪6位のグランプリ初制覇で、
ワールドカップの3勝を含めて国際大会4勝目の
スゴイ記録達成されました。

見延和靖プロフィール

見延選手
  • 名前:見延和靖(みのべ かずやす)
  • 生年月日:1987年07月15日
  • 身 長: 177cm
  • 血液型: B型
  • 出身地: 福井県越前市
  • 出身高校:福井県立武生商業高校
  • 出身大学:法政大学
  • 所 属: NEXUS株式会社
  • 高校時代
    ◆高校時代にフェンシング部顧問の諸江克昭先生と◆引用元:official

    フェンシングを始めたのは、高校生時代に
    父親に勧められて
    からです。

    当初はフルーレ、エペを両立していましたが
    大学入学後エペに専念することになりました。

    エペとは?
    頭の先からつま先まで前身が有効面となる競技です。

    決闘そのものから発展した競技で、実戦同様相手の血を流せば勝ちという考えから、全身が有効面になったといわれています。

    「フルーレ」同様攻撃は突きのみです。

    使用する剣は、全長110cm以下、ブレード長90cm以下、重さ770g以下で、直径13.5cm以下の鍔が付いており、競技同様「エペ」という名称です。

    主要学生大会での優勝、広州アジア大会
    団体戦で銅メダルを獲得しています。

    NEXUS株式会社入社後は、五輪出場を目指し
    イタリアへ単身武者修行をしていました。

    この頃から期待される選手だったんでしょうね。

    イタリア修行
    ◆イタリア修行◆引用元:instagram

    日本男子エペ個人では初のワールドカップで
    優勝
    を成し遂げました。

    リオ五輪では個人戦出場し、6位入賞となり、
    日本で期待を背負う存在となり、リオ五輪に
    出場し銅メダルを獲得しました。

    そして2019年シニア男子エペ ブダペストGP
    で優勝
    を果たしましたね。

    いよいよ2020年の東京五輪出場、
    メダルが期待される大注目選手なんです。

    貴公子っぽいw
    ◆確かに貴公子に見えてきた◆引用元:instagram

    しかもイケメンという事で、女性人気も
    スゴイ
    ようです。

    フェンシングという競技もあまり馴染みがない
    のですが、貴公子のイメージがあります(笑)

    見延選手は貴公子っぽいですよね(^^)

    筋肉
    ◆筋肉が美しい!◆引用元:instagram

     

    フェンシングの経歴

    ブダペストGP 優勝を果たした見延選手の
    喜びが伝わってきますね。

    優勝
    ◆ブダペストGP優勝◆引用元:instagram
    【優勝の本人コメント】
    ブダペストGP 優勝!!
    応援ありがとうございました!
    苦しい戦いが続きましたが、なんとか今シーズン2勝目を上げることが出来ました!
    そして、グランプリ大会での優勝は日本人史上初です!
    オリンピックに向けての本当の戦いはここから始まります。この結果に満足せず、次の目標に向かって新たな準備を進めたいと思います。
    皆んな、続けーー!!

    受賞歴

    • 2015年 11月:日本初ワールドカップ/エストニア 個人:優勝
    • 2015年 12月:全日本選手権 個人:優勝
    • 2016年 4月:日本初アジア選手権/中国 個人:3位 団体:優勝
    • 2016年 8月:日本初リオデジャネイロオリンピック 個人:6位入賞
    • 2017年 3月:日本初グランプリ/ハンガリー 個人:2位
    • 2017年 5月:日本初ワールドカップ/フランス 団体:3位
    • 2019年 3月:ブダペストグランプリ 男子エペ:優勝

    フェンシングとの出会い

    高校時代にフェンシングに出会い、父親の進めもあり
    フェンシングを始めることになります。

    フェンシング部顧問は、諸江克昭先生でした。

    • 全国高等学校選抜フェンシング大会: 団体戦 3位
    • 全国高校総体: 個人戦 ベスト

    高校時代から活躍をしていたんですね。

    福井県立武生商業高校は、フェンシングに
    力を入れている学校
    のようで、専用の武道も
    ある気合が入っています。

    福井県立武生商業高校
    引用元:福井県立武生商業高校

    高校時代からフェンシングに青春を
    燃やしてきたんですね(^^)

    憧れて入学してくる人も増えるのでは
    ないでしょうか。

    大学時代

    法政大学に進学し、フェンシング部に入りました。

    斎田守監督と出会い、さらに力をつけ始めます。

    法政大学もフェンシングに力が入っている学校
    だったんですね。

    めちゃくちゃ優勝していますね!

    • 関東学生フェンシング選手権: 新人戦 個人エペ優勝
    • 全日本学生フェンシング選手権:個人エペ優勝
    • 関東学生フェンシング選手権:個人エペ優勝
    • 関東学生選手権男子エペ団体戦、
      関東学生リーグ戦男子エペ団体戦、
      全日本王座決定戦男子エペ団体戦、
      全日本大学対抗選手権男子エペ団体戦、
      全日本選手権男子エペ団体戦:優勝 5大会制覇
    • 国際大会:ユニバーシアード カザン大会出場
      広州アジア大会:男子エペ団体戦で銅メダル

    2013年

    イタリアへ単身武者修行を実施しました。
    世界トップクラスの猛者共と練習に明け暮れる
    日々で、まさしくフェンシング一筋です。

    2014年

    仁川アジア大会に出場し、男子エペ団体戦で
    準優勝し銀メダル獲得しています。

    2015年

    • アジア選手権男子エペ個人戦:銅メダルを獲得
    • ワールドカップ・エストニア大会:男子エペ個人戦 初の優勝
    • 全日本フェンシング選手権大会男子エペ個人戦:初優勝

    日本人がエペ競技で世界を制すのは、
    史上初の大快挙でした。

    スゴイ!

    2016年

    FIEが発表した世界ランキングで11位となり
    めきめき実力が上昇していた頃ですね。

    FIEとは?

    国際フェンシング連盟(フランス語: Fédération Internationale d’Escrime 略称:FIE)
    設立年 1913年

    同時に、男子エペ個人戦でリオデジャネイロオリンピック
    出場権を獲得し6位という成績を残しています。

    2019年

    ブダペスト男子エペグランプリ:優勝

    国際大会4勝目にして、日本勢として
    グランプリ初制覇
    という快挙です。

    ブダペストGP
    引用元:instagram

    2020年

    もちろん東京オリンピック出場を
    期待しています!

    まとめ

    • 高校時代にフェンシングに出会い、ずっとフェンシング一筋の練習あるのみの努力家
    • 日本勢で初のグランプリ優勝を飾る
    • 今最も日本で期待される注目度大のフェンシング選手
    • 2020年のオリンピック出場に期待

    スポンサーリンク