【MGC】東京オリンピックマラソン代表は何名出場できる?その選考方法は?

2020年の東京五輪(オリンピック)に出場する
「代表選手は何名選ばれるの?」

MGCという選考方法が新しくなってわかりにくい
「分かりやすく選考方法を知りたい」

分かりやすくまとめてみました。


スポンサーリンク

東京オリンピック出場は何名?選考方法は?

MGCマラソン・グランドチャンピオンシップにて
優勝した人が3名、東京五輪に出場できることになります。

詳細をみていきましょう。

 

図で解説

選考方法がちょっとややこしく感じるので
図にしてみました。

予選 → MGC → MGCファイナルチャレンジ → 東京オリンピック出場
という流れなんですが、細かなクリアしないと
いけない条件等ついているので、図で確認して
みると分かりやすいと思います。

東京オリンピック出場者選考方法図解
copyrigt@monbre
    3名が決まる選考枠
  • 出場人数:男女各3名
  • MGシリーズ:男子5大会、女子4大会からの選出(予選)
  • MGC:優勝者1名+MGC派遣設定記録突破者1名(出場者決定戦)
  • MGCファイナルチャレンジ:MGC派遣設定記録を上回り最速タイムの者1名
  • ワイルドカード:条件を満たした者(MGCへの出場権)
MGCとは何?

優勝すれば、東京オリンピック代表に内定。

2位、3位のうち「MGC派遣設定記録」を突破した最上位者が代表に内定。

「MGC派遣設定記録」突破者がいない場合は、2位の選手が自動的に代表に内定。

早期に決定した2名は、オリンピックに向け十分な準備期間を得ることができます。

MGCが決定されたのはなぜなのか?

以前までの代表枠を決める方法は、
五輪前の選考会で好走すれば、
代表になれる可能性があったからなんですね。

ただし1度だけの好走では、五輪の活躍は
難しいと判断され、一発屋ではなく、
本当の実力を持った人が選ばれるような
システムに変わりました。

予選(MGCシリーズ)

国内主要大会

予選を勝ち抜くことが第一の条件です。

MGCへの出場枠が決まるのがこの予選となります。

男子5大会がMGCシリーズ(予選)です。

  1. 2018/8/26:北海道マラソン2018【北海道】
  2. 2018/12/2:第72回福岡国際マラソン選手権大会【福岡】
  3. 2019/2/3:第68別府大分毎日マラソン大会【大分・大分】
  4. 2019/3/3:東京マラソン2019【東京】
  5. 2019/3/10:第74回びわ湖毎日マラソン大会【滋賀・大津】

女子4大会がMGCシリーズ(予選)です。

  1. 2018/8/26:北海道マラソン2018【北海道】
  2. 2018/12/9:第4回さいたま国際マラソン 【埼玉・さいたま】
  3. 2019/1/27:第38回大阪国際女子マラソン大会【大阪】
  4. 2019/3/10:名古屋ウィメンズマラソン2019【愛知・名古屋】

代表枠(MGC)

2019年9月15日の9時台スタートです。

ここで東京オリンピック出場枠3つのうち、
男女各1人とMGC派遣設定記録を突破した
最上位の人がさらに1人ずつ選ばれます。

合計:男女各2名

このレースを制すれば、東京オリンピックに
出場できますね!

    MGC派遣設定記録の条件
  • 男子:2時間05分30秒
  • 女子:2時間21分00秒

レース優勝者はもちろん1人目の出場者となります。

2位と3位でMGC派遣設定記録を突破した最上位の
人が2人目
のオリンピック出場者となります。

万が一、記録に達成する人が居なかった場合は、
2位の人が内定します。

コースについては、発着点が新国立競技場ではなく、
神宮外苑周辺であること以外、東京オリンピックと
同じ
となります。

コースはこちら。↓

派遣設定記録(MGCファイナルチャレンジ)

2019年冬~2020年春にかけて実施されます。

マラソングランドチャンピオンシップ
ファイナルチャレンジ
が正式名称です。

MGCレース後に行われるレースで、
派遣設定記録を上回り、最も速いタイムを
出した選手が最後の1枠
に内定します。

派遣設定記録とは?
対象競技会は、MGCファイナルチャンレンジとし、設定記録については、MGCファイナリスト決定後、強化委員会にて設定。

最も速いタイムとは、男子では福岡国際や
東京マラソン、びわ湖毎日マラソンなど
既存の大会の記録で選ばれます。

突破する選手がいない場合は、
マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で
3番手の選手が選ばれることになります。

※派遣設定記録は2019年5月発表予定
という事ですので、決定次第、こちらに
追記しますね。

ワイルドカード

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)への
出場権を得られる選考方法です。

2017年8月1日〜2019年4月30日までに開催される、
国際陸上競技連盟が世界記録を公認する
競技会において、条件を満たした人が
出場権をえらます。

クリアしないといけないタイム
  • 男子:2時間08分30秒以内
  • 女子:2時間24分00秒
  • 期間内の上位2つの記録の平均が、男子:2時間11分00秒以内
  • 期間内の上位2つの記録の平均が、女子:2時間28分00秒以内
  • これに加えて、下記の条件をクリア
    している者も対象となります。

    • 第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)8位入賞者 ※対象者ナシ
    • 第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ)3位入賞者
    • MGCシリーズ各大会において、気象条件等によりMGCファイナリストの資格を1名も満たさなかった場合、強化委員会が出場資格相当と判断した競技者

    スポンサーリンク

    要チェック選手は誰?

    MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)
    出場が決定している選手で、要チェックして
    おきたい選手です。

    なんと言っても、大注目選手の大迫選手は
    どうしても期待の目で見てしまいますね(^^)

    大迫傑選手

    出場権を獲得した大会と記録
    第71回福岡国際マラソン 日本人1位(2:07:19)
      大迫傑 SUGURU OSAKO
      大迫傑選手

      所属はNIKE。

      学生時代からスピードランナーとして注目されてきた選手。

      2011年ユニバーシアード10000mでは金メダルを獲得しているほか、
      世界選手権(2013年、2015年)、オリンピック(2016年)にもトラック種目で出場実績を持つ。

      大学卒業後、実業団を経て2015年からプロとして活動。

      マラソンは2017年ボストンで初挑戦し、同年の福岡で日本歴代5位(当時)の2時間07分19秒をマークしてMGC出場権を獲得した。

      2018年シカゴでは日本人初の2時間5分台となる2時間05分50秒をマーク。

      3000m(7分40秒09)、5000m(13分08秒40)に続き、3種目の日本記録保持者となった。
      引用元:MGC official

    設楽悠太選手

    出場権を獲得した大会と記録
    東京マラソン2018 日本人1位(2:06:11)
      設楽悠太 YUTA SHITARA
      設楽選手

      所属は、HONDA。

      双子の兄・啓太(日立物流)とともに中学・高校・大学と、駅伝でチームのエースとして活躍。

      その過程で着実に力をつけ、社会人2年目の2015年に10000mで世界選手権に出場、翌2016年には同種目でオリンピック出場も果たした。

      2017年東京で初マラソンながら2時間09分27秒をマーク。

      同年9月には、ハーフマラソンで1時間00分17秒の日本新を樹立すると、その8日後のベルリンで2時間09秒03秒と自己記録を更新。

      さらに2018年の東京では、男子マラソンの日本記録を16年ぶりに塗り替える2時間06分11秒をマーク。

      日本人トップの3位となり、MGC出場権を手に入れた。

      引用元:MGC official

    松田瑞生選手

    出場権を獲得した大会と記録
    東京マラソン2018 日本人1位(2:06:11)
      松田瑞生 MIZUKI MATSUDA
      松田瑞生選手

      所属は、ダイハツ。

      中学で全日中や全国都道府県女子駅伝を経験。

      大阪薫英女学院高では1年からインターハイに出場して3年時に3000mで6位に入賞、全国高校駅伝も3年連続で出場した。

      2014年に実業団入りして力をつけ、2016年世界ハーフに出場。

      10000mでは同年の全日本実業団と2017年日本選手権で優勝し、アジア選手権で銅メダルを獲得。世界選手権にも出場した。

      2018年は、初マラソン日本歴代3位の2時間22分44秒で大阪を制してMGC出場権を獲得。

      日本選手権10000mで連覇を達成した。

      秋にはベルリンで2時間22分23秒と自己記録を更新、日本人トップの5位でフィニッシュした。

      引用元:MGC official

    前田穂南選手

    出場権を獲得した大会と記録
    北海道マラソン2017 1位(2:28:48)
      前田穂南 HONAMI MAEDA
      前田選手

      所属は、天満屋。

      中学から陸上を始め、大阪薫英女学院高では、3年時に1500mでインターハイ大阪府大会を制しているが、全国高校駅伝(3年時に初優勝)は控えの選手。

      天満屋入社後、2年目の2016年に急成長を遂げ、ロード種目で頭角を現す。

      初マラソンとなった2017年大阪は2時間32分19秒(12位)。

      同年夏の北海道を2時間28分48秒で優勝し、MGCファイナリスト女子第1号となった。

      2018年は、大阪で自己記録を大幅に更新する2時間23分48秒で2位に。

      3月には初の日本代表に選出されて世界ハーフに出場。秋にはベルリンで2時間25分23秒・7位の成績を残すなど躍進を続けている。

      引用元:MGC official

    まとめ

    • 代表は男女各3人
    • 2枠は9月15日のMGCマラソングランドチャンピオンレースで決定
    • ファイナルチャレンジで最速タイムを達成した人が最後の1枠として決定
    • ただし、日本陸連が今後に定める派遣設定記録を達成する必要がある
    • ワイルドカードで条件を満たした者がMGCに出場できる

    スポンサーリンク