【画像あり】講談界のスター神田松之丞の食パン似の嫁(妻)はどんな人?

松之丞カレンの反省だ!がなかなか面白くて
神田松之丞って誰なんだ?と思って聴きに行ってみました。

ちょっと暗いイメージだったんですが、
汗ダラダラかきながらの熱演にちょっとびっくり!

チケットが一瞬にして完売してしまう人気という
すごいですよね。

そんな講談界のスターと言われてる神田松之丞は
結婚は残念ながらされているようです。

嫁について画像付きでまとめてみました。


スポンサーリンク

講談界の若きスター神田松之丞の嫁はどんな人?  

元編集の会社勤めをされていた一般の方です。

詳細を見てみましょう。

 

神田松之丞の嫁って?

神田松之丞の嫁は理沙さんといいます。

神田理沙ではなく、古舘理沙(ふるたち りさ)です。

簡単にプロフィール的なものを・・・。

    神田松之丞の嫁の古舘理沙
    引用元:An_119
  • 生年月日:1981年(38歳)
  • 出身地:兵庫県西宮市出身
  • 出身大学:国際基督教大学卒

食パン似の嫁というのは、神田松之丞がTBSラジオの
「神田松之丞問わず語りの松之丞」で食パンに似てると
言った事が噂に
なっていたのですね。

食パンに似ていますかねw

和服美人ですよね。

なんかとってもしっかりしてそうな雰囲気です。

恐妻家?(笑)

大学2年のときに履修したラテン語の授業で
西洋古典にはまり猛勉強をして大学院へ行くことを
決意するも、入試に失敗をしてしまいました。

浪人生活をしていましたが、徐々に就職することを
決意しました。

株式会社リクルートHRマーケティングでの営業職として
就職をします。

ここは半年で退職し、もっと興味の持てる仕事をしたいと
転職をします。

そして出版会社で編集者として働きはじめました。

VOGUE Nippon(現、VOGUE JAPAN)、GQ JAPAN(ともに
コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン)のエディター、
nicola(新潮社)にてイベント企画/制作進行に携わっていました。

この頃に、落語の面白さに目覚めます。

出版社を退職後は、多数の落語会を主宰されています。

なんと、ご主人である神田松之丞と同じ世界で
会の主催をされているのですね。

「いたちや」という名前で主宰をされています。

落語会なども幅広く開催されていますが、
最近では神田松之丞がメインのようです。

そりゃ旦那ですもんね。

内助の功ですか(^o^)

いたちや

神田松之丞のチケットを取りたい方は
嫁のサイトから情報をゲットするのがいいかもですね。

二人の馴れ初めは?

先程、神田松之丞と同じ業界で主宰をされていると
言いました「いたちや」で主催された
講談の会で神田松之丞が出演をしていたのが
出会いでした。

もしかすると出会いはもっと前からかも
しれませんが、近い存在になっていったのは
自分の主催に出演をしたのが大きなきっかけ
だったと想像できますね。

主催者と出演者という関係はとにかく
接する機会が多いのは確かです。

週刊新潮によると、付き合うようになったのは、
やはり会に出演するようになり何度となくメールを
交わしているうちに、理沙夫人が送ってくるメールに
猫の顔マークをつけてくるのが、かわいいと思ったのだとかw

週刊新潮の発売日からすると、結婚は2016年ですね。

なんかすごいノロケまくりの記事でした。

実際見ましたよ。

もういいよ~って言いたくなるくらいのぼせてましたねwww

仕事で近いという存在はやはり大事な存在に
なっていったのでしょうね。

一般人ということで情報は少ないのですが、
ファンの間では当たり前のように知っている
存在のようです。

    神田松之丞が結婚の報告をツィート
引用元:twitter

ツィッターで神田松之丞が結婚したことを
発信していました。

隠すつもりはないようです。

子供がいることもラジオでも話してますし、
先日聞いたときも、理沙夫人と喧嘩して
子供を連れて都内のホテルに滞在していた
なんて言ってました。

ラブラブなんですよね。

見ているこっちが、もういいよ~ってくらい(笑)

まあ、いいことです。

ファンが多いため、嫁大好き発信はいいかもしれません。

では神田松之丞は一体どんな人なのかプロフィールを見てみましょう

突如、テレビに出始めた着物姿の神田松之丞を見て
誰?となりましたが、こんなに人気のある方だったのですね。

神田松之丞のプロフィールもまとめておきました。

プロフィール

    講談師神田松之丞プロフィール
    引用元:twitter
  • 本名:古舘 克彦(ふるたち かつひこ)
  • 生年月日:1983年6月4日(36歳)
  • 出身地:東京都豊島区
  • 師匠:3代目神田松鯉
  • 名跡:神田松之丞(2007年 – )
  • 活動期間:2007年 –
  • 活動:講談師
  • 所属:日本講談協会 / 落語芸術協会

現在は二ツ目という位なのですが、
2020年2月に真打昇進が決定しています。

そして6代目神田伯山を襲名することも
決まっています。

神田伯山とは?
講釈師の名跡。大立者・3代目が特に有名。

先代(5代目)の死後は空き名跡となっており、以後40年以上後継者が現れていなかったが、神田松之丞が2020年2月に真打昇進とともに6代目を襲名することとなった。

成金というチームユニットの落語と講談の会が
若い人を中心に人気になり、そこからブレイクしました。

そもそも講談師で若くて血の気の荒そうな人物が
いなかったため、神田松之丞は空前のスター選手
なのでしょう。

今やチケットが本当に取れないようです。

チケット発売日には瞬殺というすごい人気者なのです。

神田松之丞一門写真
■神田松鯉一門■引用元:twitter

講談を聴きにいってみましたが、正直私には理解不能でした(汗)

ただ、すごい「汗かきっ」と思いました(^o^)

まとめ

  • 神田松之丞の嫁は、一般人ですが、神田松之丞の講談の会を主催する団体を経営している
  • 古舘理沙(38歳)、子供が1人いる
  • 馴れ初めは神田松之丞が理沙夫人の会の出演者だったこと
  • ラジオなどでは嫁の話はよくしていてラブラブのようである

スポンサーリンク