【m-1グランプリ2019】和牛の優勝の行方とライバルの漫才コンビを大予想!

2016年~2018年の3年連続で
優勝を逃してきた和牛について
2019年こそ優勝を願う私の勝手な気持ちで
大予想をしてみました!

えー!なんで?という優勝者の年もあれば
まあ、納得せざるを得ない年もありました。

ただどう考えても和牛が優勝できないのは
納得できないとずっと思っています。

ここからはお笑い好きの私が勝手に
優勝とライバルを予想してみましたよ~。

じゃいあん

吉本を見て育った関西人の目で勝手に予想します!

スポンサーリンク

m-1グランプリ2019年の和牛の優勝の行方はどうなるの?  

2019年は絶対に優勝近いコンビが
パッと思いつくだけでも数組いますね。

その中で和牛が頭ひとつとびぬけられるのか
やはりライバルが肝になりますね。

 

2019年m-1グランプリ優勝予想

  • 優勝:和牛
  • 準優勝:ミキ
  • 3位:ジャルジャル or 新たなコンビ
  • 和牛を贔屓目にしている部分もないとは
    言いませんが、正味のところ面白いし
    腕があるからです。

    私が漫才を観ていて過去に面白いなあと
    思っていたコンビは、さほど多くありません。

    ※m-1出場者とはかぎらない。

    • 中川家
    • やすよともこ
    • ブラックマヨネーズ
    • ミキ
    • 和牛
    • サンドウィッチマン

    少ないでしょう(笑)

    小さいころから吉本で育っているだけに
    お笑いに関しては厳しめで見てしまうんです。

    個人的に挙げた中ではブラマヨ
    突出していると思っています。

    間やリズムや独特のキャラクターに
    ネタの面白さ、どれをとっても最高に
    上手い漫才やなと思っています。

    今だにwww

    でも本当のところ【好み】でしかないんですよね(汗)

    漫才も落語もコントもファンが上手い、下手というのは
    好き嫌いでしかないんですよね。

    ある意味、強運も味方にできるコンビ
    優勝をしていると思うんです。

    2018年の霜降り明星は、強運を引き寄せていた感
    すごかったです。

    ほぼ優勝は和牛といってもおかしくない状況
    流れが霜降りになっていたのが画面を通しても
    見えていましたよね。

    それを人は「八百長だ」とか言っていましたが(笑)

    どんだけみんなm-1に熱いんですかーw

    3年も準優勝が続くと「笑い飯」状態に
    なりそうで怖いのです。

    笑い飯が万年準優勝というレッテルが貼られはじめ
    なんとなく空気がそうなってしまっているように
    思っていました。

    ちょうど和牛もそんな領域に入りかけているように
    思うんです。

    もし2019年で優勝をとれなかったら
    笑い飯の二の舞になりそうな気がします。

    じゃいあん

    危険すぎるぅ~
    m-1優勝がかかっている和牛はネタが勝負となる2019年
    引用元:女性自身

    だから、どうしても2019年は優勝を
    とってほしいんですよ。

    だれてしまうような気がするんです。

    八百長はだめだけど、会場の空気が
    和牛が取るというような雰囲気が
    流れれば自然に和牛に向かっていきます。

    会場の空気って不思議ですね。

    漫才師が相手にするのは生もの(わたしたち)なので
    信じられない事で180度展開が変わったり
    するもんなんですよね。

    舞台には魔物が住んでいると言われるのは
    そうゆうことかと思います。

    昨年は和牛に魔物が近づいたようなものです。

    だから2019年のm-1は和牛は優勝を絶対に
    取らないといけない
    流れなのです。


    スポンサーリンク

    ライバルコンビは誰?

    そうなってくると和牛を脅かす漫才コンビは
    誰かというと「ミキ」だと予想しています。

    ミキ

    m-1優勝候補のミキの人気はうなぎ登りで和牛の強敵なライバル漫才コンビ
    引用元:朝日新聞

    昨今のミキの人気ぷりはすさまじく、
    上沼恵美子がべた褒めするくらい
    漫才が上手いという評価を得ています。

    上沼恵美子が褒めるというのは好みも
    ありますが、もちろんあれだけの地位に
    昇ってきた漫才師なので説得力は多いにあります。

    先日「カジサック」というユーチューブ番組に
    ミキがゲストで出演していました。

    普通にトークをしているだけなんですが、
    まるで漫才のような間とトークのテンポで
    これネタちゃうの?って思ったくらいです。

    普通に話していてあのレベルなので
    漫才したら怖いものなしやなと思いました。

    カジサックとは?
    キングコング(漫才師)の梶原が運営している
    ユーチューブ番組です。

    カジサックは梶原のユーチューバーネームです。

    兄弟ならではの間の絶妙さと
    コメディ漫画のような雰囲気は
    なかなか手ごわいと思います。

    和牛とは全く間合いが違うので
    どっちがどっちとは言いずらいですが
    ミキの若さ溢れるパワーはすさまじいと
    思っています。

    ただそこは和牛の培ってきた経験はミキの上を
    いくと思うので、ネタがばっちりハマれば
    完全にミキを抑えられると思います。

    和牛のネタの面白さは、はじまってしばらくは
    種まきのような時間が流れ、後半撒いた種を
    爆笑に替えるスリル満点のネタ運びにあると思いませんか。

    2018年も審査員からもそのような事を
    指摘されていました。

    もうちょっと種まきの時間が1秒でも長かったら
    完全にアウト
    だったと。

    それに比べてミキは、最初からあの調子で
    ずっと全編通してテンポがよく、ボケとつっこみが
    繰り返されていくネタです。

    わかりやすいですよね。

    和牛がミキを抑えるなら種まきの時間から
    一気に爆発する爆笑への運び部分を
    衝撃的に面白くする必要があるなと思いました。

    後半の裏切りが誰も予想できない展開になった時
    和牛の良さが爆発するんですよね。

    ジャルジャル

    ジャルジャルは新しい漫才の形でm-の優勝候補に
    引用元:吉本クリエイティブ

    ジャルジャルを3位と予想するのは、
    2018年に驚くほど評価が高かったからです。

    本当に個人的に言うならあれは漫才とは
    ちがう部類と思っています。

    いやむしろもう新しいジャンルだと思います。

    だからあの面白さは伝わる相手が両極端に
    分かれる
    と思うんですよね。

    だからジャルジャルに変わる新生が現れたら
    ジャルジャルは厳しいかと思います。

    新生でいうならサンドウィッチマンがそうでした。

    敗者復活でのしあがってきて優勝してしまったあの時です。

    どうしてこんなに面白い漫才師が
    埋もれていたのだろうと嘆きましたよ(涙)

    よく出てきたなと思って拍手しましたね。

    そんな存在のコンビが出てきたら
    番狂わせが起こると思います。

    ちょっと怖いのが「スリムクラブ」です。

    スリムクラブ

    引用元:産経新聞

    なぜかと言うと、スリムクラブが闇営業問題での
    謹慎が溶けて復帰しましたよね。

    島田紳助がスリムクラブがm-1で準優勝をした時
    面白いコンビだと認めてくれ、謹慎から復帰した時に
    二人に島田洋七を介して励ましの言葉を送りました。

    実力があるのだから準優勝で終わるのではなく
    m-1で優勝することが、本当の意味での謝罪であり
    復帰
    なのではというようなを言われたそうです。

    だからスリムクラブは今、一番m-1優勝を
    狙っているコンビ
    なのです。

    力の入れ具合が全く違います。

    仕事が一旦なくなったのでネタ作りをする
    時間を設けられます。

    また闇営業問題をネタにすれば絶対に
    受けますよね。

    最強のネタが二人にはあります。

    そこへ行くと和牛は準優勝ながら
    めちゃくちゃに売れっ子なので
    ネタを作る時間がなくなってしまっているのです。

    ここが大きな分かれ道のような気がします。

    優勝するポイント

    和牛がライバルコンビを抑えて優勝するには、
    どこまで和牛がm-1用にネタを作れるか
    稽古ができるかにかかっています。

    EXIT

    2017年に結成してから今年はブレイクしている
    EXITも決勝に上がってくると思っているのですが、
    現時点で(8月28日)EXITはエントリーをしていないんですよね。

    2017年と2018年にはエントリーしていて
    予選も3回戦までは進んでいたんです。

    2019年も挑んでくると思っているのですが、
    まだ今からエントリーは間に合うのでしょうか。

    【追記】エントリーしなかったようですね。

    もしEXITがエントリーOKになれば決勝に
    残ってくるのではと思います。

    人気がすごいですし、あまりないキャラ設定で
    新しいですよね。

    この人気とブレイクぶりを見ていると
    いいところまで食い込んでくると思います。

    優勝は厳しいとは思いますが、
    なんてたって和牛がいますからw

    3位には行けそうな勢いを感じます。

    予選3回戦まであるので、準々決勝まで決まってきたら
    また番狂わせを起こすコンビが現れると思います。

    和牛は息をぬけないですし、
    私もおちおちしておれません。

    いや、私関係ないけどw

    またその時は予想を追記していきますね。

    とにかくは、和牛を2019年の王者にしたいのが
    私の勝手な任務です(笑)

    審査員から見た優勝予想

    審査員の目からみた優勝予想はどうでしょうか。

    和牛は実力があることはどの審査員も
    認めていますよね。

    松本人志も上沼恵美子も和牛が
    2018年に優勝してもおかしくなかったと
    言っています。

    現に松本人志と上沼恵美子とサンドウィッチマンの富澤は
    和牛に票を入れていました。

    霜降り明星とはわずか1票差でしたよね。

    優勝していてもおかしくなかったというお墨付きが
    ありますので、2019年は和牛が優勝することは
    大いにあると思います。

    上沼恵美子の推しのミキに関しては
    優勝とまでは思っていない感じと受け取りました。

    好きだけど和牛を超えるところまでには
    来ていないという判断でしたね。

    そのあたりからも和牛に審査員票も
    入ると予想します。

    巨人が和牛のネタに対してちょっと最初の当たりが
    面白くないと思っているようだったので
    爆笑にもっていくまでの最初をどう和牛がもってくるかで
    巨人の票は左右されると思います。

    ところでm-1ってどういう予選があって、どうやって決勝戦に上がってくるのか?ルールは?

    m-1出場にはいろいろなルールがあります。

    2001年に島田紳助が「漫才に恩返しがしたい」として
    作ったお笑いの頂点を決める賞レースです。

    出場できるコンビは結成15年以下という
    ルールがあります。

    はたして和牛は?

    和牛のラストイヤーは?

    和牛がm-1に出場するラストイヤーはいつでしょう。

    2020年のm-1グランプリ

    そうなんです2019年は結成して14年目で、
    これを万が一逃してしまうとあと1回しか
    チャンスがなくなります。

    和牛のラストイヤー2020年を迎える前に
    どうしても優勝してほしいです。

    引用元:wikipedia

    過去にラストイヤーで優勝したコンビがいますね。

    第一回の中川家と、第4回のアンタッチャブルと笑い飯です。

    結成10年目だった中川家の場合は、
    m-1出場自体が初回でラストでした。

    このころは10年目以下がルールだったんです。

    しかし和牛にはチャレンジする回数が
    たくさんあったので、準優勝モードが
    逆についてしまったとも見れますね。

    ラストイヤーを残して和牛は優勝してください。

    いや、するべきです。

    まとめ

    • 和牛は結成14年目につき2020年がラストイヤーとなる
    • 優勝候補は、和牛で、準優勝はミキと予想
    • ライバルとなるコンビは、ミキ、ジャルジャル、スリムクラブと予想
    • 和牛が優勝するポイントは、忙しい中でどこまでネタ作り、稽古ができるかによる

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です