元アパレル店長が暴露!毎月の給料と年収について書いてみた

お洋服が好き、接客が好きというだけで入ったアパレル業界ですが、働いているからには、お給料はすごーく気になりますよね。

今スタッフとして働いている人にとってみれば、店長になったらお給料がアップする事を考えると思います。

私が店長として頂いていたお給料と世間の相場を書いてみますね!


スポンサーリンク

アパレル店長になったら給料はどれくらい貰えるの?

私が勤務していたお店は、百貨店でしたので、勤務時間を早番、遅番でだいたい分けていました。

早番9時半〜18時半、お昼休憩1時間、小休憩が15分〜30分(ブランドによる)として、1日平均7.5時間勤務で、およそ年収300万円前後でした。

スタッフとしてもらっていた22万円に、店長職手当が1万円くらいつくくらいで、ほぼスタッフと変わらないという金額に、正直冷や汗と絶望感のようなものを感じていました。

手取りにすると18万円です(^^;)文字にするとなんと少ないお給料でしょうか。

スタッッフから店長になってお給料アップが期待できる内訳はこんな感じです。

  • 店長手当
  • ボーナス
  • 昇給

店長手当

私が働いていたところは、デザイナーズブランドで、コートで20万〜30万、ジャケットで5万〜6万円と、超高級とはいかずともそれなりの価格を売るショップでした。

お客様の層としては、30代後半からの方がメインでいらっしゃるフロアで、百貨店でいうところの、キャリアゾーンにあたります。

その時の私のお給料は、店長職について5年くらいで額面で24万円くらいでした。

これでもいい方だったのかなと思います。

店長だからといっても、すごく年収が上がるとかは期待できない業界かもしれません。

でも、スーパーブランドと呼ばれるブランド(いわゆるパリコレなどに出ているブランドです)は、もう少しお給料は良かったと思います。

店長ならなおさら、年収で350万〜400万はあったと聞いていました。

友人はいわゆるスーパーブランドの店長をやっていたので、ちらっと聞き出したらそんな金額くらいかなと言っていましたので。

スーパーブランドでなくても、月収、年収アップを目指すのであれば、店長職の上のスーパーバイザーという全店舗のマネージメントをする役職につけば、年収400万〜500万円は手に出来ると思います。

年収300万円だったとしたら、贅沢さえしなければ十分生活していける範囲だと思っていました。

一人暮らしをしていましたけど、食費を削りながら、なんとか成り立っていたので安心してください(笑)

心ではあきらめモードでいたものの、お給料がもし200万円だったらという「もしもシリーズ」を空想しながら電卓をたたいていました。

これ、隣の売場の方が始めた空想で、私たちは毎日、現実から目を背けるために、家賃が20万円で、社販が10万円でしょ、それにエステに5万円が毎月かかるし、ヘアメイクに、靴もバックも買わないと行けない、なんだかんだと60万円は消える。

親に仕送りをするのが毎月20万円で、寄付もしようということで、寄付に10万円が消える。

まあ、200万円あれば余裕だね!と言って楽しい気持ちになっていました(笑)

ボーナス

毎月のお給料が少なくても、年に2度やってくる「ボーナス」に期待していました!

7月がやってくるとソワソワ、12月がやって来ると足もとも軽くなる嬉しさに包まれておりました(^^)

世間のお客様がボーナス払いでお買い物をされると、いよいよ期待が高なりました。

まだ幾ら出るともわからないのに、気が大きくなってボーナス一括払いとかでお買い物をし始めてしまうのが、この時期のお決まりでしたね。

お買い物して気分よく浮かれていても、実際手にした金額に青ざめるというのを、毎回性懲りもなく繰り返してしまうんですから、アパレルの人間のオシャレにかける気合いはすごいですよ本当に。

金額を言ってしまえば、1ヶ月分も出ない事がほとんどでしたね。

飛び抜けて売上をとっていても、あまり大差はなかったと思います。

業界自体が儲けられていないから、仕方ないのかもしれないと思っていたし、毎月の給料以外に10万円以上のまとまったお金が入るので、それだけでも嬉しかったんですよね。

ボーナスも期待は出来なくても、必ず正社員ならもらえるというメリットはありますよね。

昇給

もうひとつ期待したのが、年1回の昇給です。

でもこれは、上がっても2千円程です。世の中の昇給はそれが当たり前なのかな?と思っていたけど、意外とみんな1万円上がったとか言っているので、これは入った会社が余裕がないだけかも?とこれまたあきらめモードでした。

それでも、上がらないよりは、マシかな精神です!

上がらない年もありましたし、私の中では、これはあまり期待値は大きくなかったです。

上がったかどうなのかも分からないくらい給料明細に変化を感じませんから(笑)

販売員は、接客が好き、お洋服が好きが先に立つ人が多いので、現に私はそれだけで10年以上アパレル店長をしてきたのですから。

アパレル店長の毎月のお給料と年収についてのまとめ

私がもらっていたお給料をまとめて数字にしてみますね。

スタッフ時のお給料、額面で20〜22万円に、店長手当が1万円で、およそ額面で24万円。

夏と冬のボーナスで、合わせて額面で30万円。

年1回の昇給で、額面で2千円。

どうでしょう?店長でこの金額は、決して多くはないですね。

そういえば、アパレルで働いていた頃の口癖は「OLの方が絶対沢山お給料もらっている」でした。

実際、OLさんの平均は、私たちアパレル店長の給料よりも4〜5万円も多かったのですよ。(友達比)

お給料か、好きな仕事をとるのか、うまく心の中で折り合いをつけていくしか現状飛躍的にお給料が良くなるとは思えない業界だと思いました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です