【東京】こと座流星群が見える都内の方角とピーク時間は?

毎年4月に見える流星群が「こと座流星群」です。

高校の夏休みに小豆島に旅行に出かけて
地元の人がおすすめしてくれた丘に登り、
一面を包んでしまうほどの流星群を観ました。

それ以来、もう一度あの降り注ぐような流星群を
観たいと思いながらも中々チャンスがなかったんですが
2019年4月23日に東京でもこと座流星群が観れるというので
今からワクワクしています。

せっかくなので東京でこと座流星群が見える方角や
ピーク時間などをまとめてみますね!


スポンサーリンク

東京都内からこと座流星群は何時頃、どの方角に見えるの?

4月22日ということですが、最もたくさん見れる時間や
方角の詳細をみてみましょう。

ピーク時間

4月22日23時から23日の明け方4時頃にかけて
こと座流星群の活動が極大(ピーク)になります。

厳密的には、最大のピークは朝の9時なので、
夜が明ける前が実際の目で見れるピーク時間となりますね。

放射点が空高く昇る4月22日午後23時頃から翌朝4時頃までが
一番のおすすめ
の観察時間帯ですね。

22日の23時あたりからなら、頑張って起きていようかなw

ただ月が満月に近くなるため、
月明かりで見えない可能性もあるため、
街の明かりなどが消えた明け方の3時頃や
4時頃を狙うのが良さそうですね。

空を見上げたら最低でも15分間は観察することを
おすすめします。

早く諦めてしまわないように根気強くですよ!

こと座流星群が見える時間
引用元:Astroarts
 
放射点とは?
輻射(ふくしゃ)点とも。

きまった方向から大気へ飛びこむ流星群を地上から見ると,その飛跡は天球上の一点から四方へ射出するように見える。

この一点を放射点といい,その位置からしし座流星群,ペルセウス座流星群などという。
引用元:コトバンク

ただし、天気がよいというコンディションが
最大の条件となります。

今のところお天気は微妙らしいのですが。

こと座流星群は、4月16日~4月25日にかけて、
空に浮かんでいます。

ただ限りなくピークに近い日時でなければ、
肉眼で確認するのが難しいんですよね(泣)

だいたい1時間あたりに10個の割合で
流星が見れます。

こと座流星群は、流星の数が少ないものの、
突発的に流星数が増加する
気の抜けないチャンスタイムがあるのです!!

過去のデータから日本で観測史上最大の流星数は、
1時間あたりに90個という記録があります。

すごい!90個も流れてくれたら絶対に、
何個かは目で見ることができますよね。

90個がどれくらいすごいのかというと、
空一面がプラネタリウムのように
星で埋め尽くされるくらいなんです!

ヨーロッパのふたご座流星群1時間に100個の流星
引用元:exciteニュース

この画像はヨーロッパで、ふたご座流星群が
1時間に100個流れている夜空です。

90個がどれくらいすごいか想像つきましたか?

これより少し少ないですが夜空を埋め尽くすほどの
数なんですね!

小豆島で見たのもこんな感じだったんですよ!

言葉を失うとはこのことですね。

お願い事する時間もあるかもw

事前にお願い事は早く言えるように
短縮する練習をしておきましょう( ´∀`)

海外では、日本よりも見やすいのか、
日本の3倍の流星数の増加を観測しています。

今年が突発的な増加数となるように
流星に祈る前に、祈っておきますね。

方角

それでは4月22日の午後23時~明け方が
発見しやすいという事ですが、
どの方角に見えやすいのでしょうか。

方角は、こと座は東側の空に昇ります。

しかし、こと座流星群は、どこからでも見られるのです

どこか一部だけとかいうものではなく、
東京のどこの地域からもチャンスがあります。

でも都内の電気が煌煌とついているところよりも、
ビル群が少ない街のほうが確立は高いです。

できれば高尾山や夢の島公園など人工の明かりがないところ
月の明かりが正面に見えないところなどを事前にチェック!

明け方3時など外に出かけるなら数人で出かけるように
女性だけで行かないように気をつけてくださいね。

それと暖かくして寝転べるような敷物があると
尚更降ってくるような感じを体験しやすそうです。

意外と近場で六本木ヒルズとかどうかなと思っています。

あの辺りは丘になりますのでチャンスがあるかもしれません。

六本木ヒルズからの抜け感のある場所

この写真は六本木ヒルズからの空の眺めです。

期待できそうでしょ?!

こと座流星群は、こと座のベガ付近が
放射点
となっています。

放射点ということは、流星が飛び出す中心点が
こと座という事になりますね。

視等級が0.03というとても明るい星なので
比較的に簡単に見つけやすいのです。

視等級とは?
肉眼または望遠鏡で見た天体の明るさから決めた等級。
視等級。見掛けの等級。
引用元:コトバンク

23日の夜空は月の明かりがとても強いそうなので
見る場所もポイントになりますね。

こと座流星群って?

そもそもこと座流星群って何でしょうね。

流星群は色々あるんだけど、こと座って何?ってなりますよね。

わたしがこと座が好きな理由は、ちょっとロマンチック
だからなんですよ。

こと座流星群は、こと座のベガ付近あたりが放射点
と言いました。

このベガが、おりひめ星・織女星なんです!

七夕といえば織姫ですもんね。

このベガが、鷲座の彦星と白鳥座のデネブと
夏の大三角形を作っているんです。

なんかロマンチックじゃないですか?!

夏の大三角
3つの1等星、こと座のベガ(織姫星)、わし座のアルタイル(彦星)、はくちょう座のデネブ、を結んでできる大きな三角形で、夏の星空の目印になります。

そのひとつが、こと座流星群を放出させる
織姫星だから、きゅんきゅんしてしまうのですw

ロマンチストというわけではないですが、
やっぱり七夕の物語は小さい頃から
ロマンチックなストーリーとして聞いてきたから
やっぱりそこはね (^ ^)

夏の大三角形

こと座は夏の星だったんですね。

次は、いつ頃見れるの?

もしお天気が良くなかったり、うっかり眠りこけてしまった
という時、次はいつ観られるのでしょうか。

次の観測できる時期

次は来年2020年の4月22日15時頃です。

昼間なんですね(泣)

どんなに目がよくても、観たくても見れないですね。

その次はいつなのか?

2021年4月22日の22時頃となります。

これはチャンスありそうですね。

ですが満月手前ということで、月が明るいので、
場所をめちゃくちゃ選びそうです。

こうしてみるとわかると思いますが、
こと座流星群は毎年4月22日、23日あたりに
観れるということです。

一年に一度きりのこと座流星群。

やっぱり織姫と彦星の七夕ストーリーのようで
素敵です( ´∀`)

ロマンチストは、起きて空を見上げるべしですw

まとめ

  • 2019年4月22日の23時〜23日の明け方3時頃がピーク時間
  • 方角はどこかれでも観れるが、明るい街中よりも明かりの少ない街や山などが見える確率は高い

スポンサーリンク