【カミソリの弘中】ゴーンの新弁護士が一発保釈!無罪となるのか?

ゴーンの新弁護士が弘中惇一郎になった途端、
一発交渉で保釈を獲得しました。

前弁護士が2度にわたり却下されてきた保釈でしたが
やはり「カミソリの弘中」がキレキレだったのでしょうか。

なぜ一発保釈ができたのか?

弘中弁護士によって無罪となるのか?

気になるところを調べてみました。


スポンサーリンク

弘中弁護士が交渉して一発保釈許可になったのはなぜ? 

保釈中について具体的で実効性の高い条件を
出したからと見られていますが、一発で保釈を
許可されたのは何故なんでしょうか。

一発保釈許可の背景

前回の保釈請求と状況は変わらない中での
弘中弁護士の保釈請求が一発で許可されたのは
なぜ
なのか?と思いますよね。

ヤメ検の前田氏が見解を示しています。

それによると、新弁護団がゴーンの保釈期間の
罪証隠滅や逃走防止について、かなり実効性の
強い条件を裁判所に提示
し、説得に成功したと
見ています。

ということは、ゴーンの保釈中の行動は
かなり制限されて不自由になると思われますね。

でも刑務所で寒い中2枚のみの毛布に包まることを
考えると、夢のようかもしれませんね。

その条件とは・・・

  • 保釈条件として住居を国内に制限する
  • 海外渡航を禁止する
  • 監視カメラを玄関付近に付ける
  • 事件関係者との接触や情報交換ができないようにする
  • パスポートは弁護士が保管
  • パソコンや携帯電話の使用も制限
  • ということなのです。

    かなり厳しい条件ということです。

    弘中弁護士は、自信たっぷりにこのように
    発言していました。

    常識で考えて、刑事犯罪になるような事件ではないのではないか。

    無罪が取れておかしくない。

    今後、別案件での保釈を認めさせやすくするための
    ノウハウとしても、参考となる事案だと言われています。

    カミソリのように、すでにキレキレですね!!


    スポンサーリンク

    弘中弁護士によって無罪となるのか?

    弘中弁護士が一発保釈に成功したことで、
    無罪となるのではないかとSNS上でも
    騒然としています。

    でもあってもおかしくなさそうな切れ者です。

    無罪になると言われる理由

    ふつう、いえますか?いきなり会見で
    「私も73歳になりましたけれど、まだカミソリの切れ味があるかどうか試してみたい」

    ドラマのようなセリフですよね。

    ちょっとかっこいいと思ってしまいました(汗)

    弘中弁護士は、ゴーンの要望で登板したという
    ことです。

    ロス疑惑のように、無罪を獲るのか、いよいよ
    面白くなってきた(不謹慎ですが)ではないですか。

    一体どっちに転ぶのか、目が離せません。

    検察側も100日間の拘留期間にありとあらゆる
    証拠を揃えてきている
    だろうし、弘中弁護士が
    キーパーソンですね。

    自信たっぷりに「刑事事件になるような事ではない」
    と言っていた裏にはどんな秘策があるんでしょうか。

    今後の動向に注目していきたいと思います。

    世間の目も、なぜか弘中弁護士登板してから
    無罪という言葉を持だしはじめています。

      世間の声01
      世間の声02
      世間の声03
      世間の声04
      世間の声05
    引用元:twitter

    また、進展があり次第追記していきたいと思います。

    弘中弁護士の経歴

      弘中弁護士
    • 名前:弘中 惇一郎 HIRONAKA Junichiro
    • 異名:カミソリの弘中 / 無罪請負人
    • 生年月日:1945年10月16日(73歳)
    • 出身地:山口県
    • 学歴
    • 1964年  私立修道高等学校(広島県)卒業
    • 1968年  東京大学法学部卒業
    • 1970年  最高裁判所司法研修所修了(22期)
    • 経歴
    • 1970年  弁護士登録、堂野法律事務所入所
    • 1980年  霞ヶ関総合法律事務所開設
    • 1997年  ミネルバ法律事務所開設
    • 2004年  法律事務所ヒロナカ開設
    • 所属:東京弁護士会
    • 主要な出版物
    • 「検証医療事故」(1990年、有斐閣)
    • 「芸能人などの有名人と名誉・プライバシー」マスコミと人権(1987年、三省堂)
    • 「刑事裁判と知る権利」(1994年、三省堂)
    • 「コンメンタール刑事確定訴訟記録法」(1999年、現代人文社)
    • 「薬害エイズ事件の真実」(2008年、現代人文社)
    • 「無罪請負人 刑事弁護とは何か?」(2014年、角川書店)
    • テレビ出演:「情熱大陸」(2011年4月10日)

    ゴーンの保釈許可のインタビューに名言を
    残しましたね。

    私も73歳になりましたけれど、まだカミソリの切れ味があるかどうか試してみたい
    引用元:youtube

    弁護士としての自信と有り余る情熱を
    持っている方に思えました。

    御年73歳とは、そこらの70代も負けてられ
    ませんね。

    過去に弁護をした人物

    • 安部英
    • 加勢大周
    • 加藤紘一
    • 花田勝
    • 叶姉妹
    • 三浦和義
    • 守屋武昌
    • 小沢一郎
    • 川崎麻世
    • 村上正邦
    • 村木厚子
    • 佐村河内守
    • 中森明菜
    • 中西準子
    • 天羽優子
    • 武井保雄
    • 堀江貴文
    • 麻木久仁子
    • 野村沙知代
    • 矢野絢也
    • 鈴木宗男
    • 東国原英夫
    • 長嶋一茂
    • 木村剛
    • 鳥越俊太郎
    • 高畑裕太
    • カルロス・ゴーン

    どんだけー!ですか。

    どれだけ有名人裁判してるんですか。

    印象深いのは、三浦和良のロス疑惑事件
    ですよね。

    自作自演の足を撃つやつね。

    あれ無罪にしちゃいましたもんね。

    これは・・・本当にあり得るかもと
    思わされます。

    こんなすごい人が日本の弁護士にいたんですね。

    カミソリの弘中というドラマが出来そう・・・。

    まとめ

    • ゴーンの新弁護士はカミソリの弘中こと弘中 惇一郎氏
    • 厳しい条件提示で一発保釈を勝ち取る
    • 刑事事件になるような事ではないと無罪を獲る気満々
    • カミソリのような切れ味が自分にまだあるか試すそう。

    スポンサーリンク