ブレイクしちゃう?!芸人初の二番福男が陸上経験をフル稼働「伊丹祐貴」のプロフィールとは?

2019年の福男が、不倫問題で一番福から転落したことで
二番福にスポットが当たりました。

なんと、芸人で初めて二番福になったという伊丹祐貴さんでした。

今、二番福男に福が舞い降りているようです。

最もついている、伊丹祐貴さんのプロフィールをご紹介します。


スポンサーリンク

二番福男の吉本芸人「伊丹祐貴」のプロフィールとは?

伊丹さんの渾身のギャグが、
”誰が羽田や、成田ちゃうで、伊丹や”
という大阪らしいギャグにちょっと親近感が沸きます(笑)

プロフィール

  • 名前:伊丹祐貴(ピン芸人)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1988年09月20日(30歳)
  • 身長/体重:175cm/68kg
  • 血液型:B型
  • 出身地:兵庫県 西宮市
  • 出身校:神戸市立科学技術高校
  • 趣味:漫画/マンガ(ワンピース)、阪神タイガースの試合観戦(大の阪神タイガースファン)
  • 特技:走ること、陸上競技(4×400m、リレー全国大会出場)、バスケットボール、跳躍力(バスケットボールがつかめる)
  • 出身/入社/入門:2010年 NSC大阪校 33期生
  •  
    引用元:日刊スポーツ

2017年まで「ファイトクラブ」という名前でコンビを組んでいましたが、
解散後、ピン芸人として活動を続けていました。

ですが、パン屋でバイトをして生計をたてていたようで、
やはり芸の道一本では、食べていけていなかったようです。

2018年のM-1優勝の「霜降り明星」の粗品さんとは仲が良かったそうで、
粗品さんの誕生日に、バイト先のパンをプレゼントしてくれたそうです。

ちょっと普通でかわいいw

そのパン屋さんが、たぶん誰でも聞いたことのある「乃がみ」だそうです。

高級店じゃないですか!

そんなどっちが本職かわからなくなっていた伊丹さんは、
30歳を機に何とか売れたい!と頑張ってたんですね。

陸上経験

伊丹さんは、神戸市立科学技術高校に在学中に、
リレー全国大会に出場した経歴をもっています。

こちらの学校は、工業高校で、技術系を学ぶ学校なんですが、
なんとスポーツ系でも割と大会に出場など、活躍がすごいのです。

また、プロのスポーツ選手もたくさん在学されていたんですね。

  • 伊佐耕平さん: プロサッカー選手 神戸市立科学技術高等学校→大阪体育大学
  • 稲垣雄太さん: プロサッカー選手 神戸市立科学技術高等学校→関西国際大学人間科学部ビジネス行動学科スポーツマネジメント専攻
  • 金正也さん: プロサッカー選手 神戸市立科学技術高等学校→駒澤大学
  • 藤谷壮さん: サッカー選手 神戸市立科学技術高等学校
  • 道原紀晃さん: バスケットボール選手 神戸市立科学技術高等学校→大阪商業大学
  • 桝本純也さん: バスケットボール選手 神戸市立科学技術高等学校→大阪体育大学

サッカーやラグビーが盛んだったようで、プロサッカー選手に
なった人も多いですね。

陸上はメジャーではなかったのかもしれませんが、
400メートルリレーの全国大会に出場するくらいなので、
かなりスポーツにも力が入っていた学校のようです。

そんな学校で、伊丹さんは、陸上を頑張っていました。

この陸上経験が、伊丹さんの運命を変えるなんて!

福男レース参加の流れ

福男レースに参加したいきさつは、
フジテレビの情報番組「ワイドナショー」の企画でエントリーをしていたんですね。

当日は参加者1.500人のくじ引きで「赤の4番」というラッキーな最前列を引き当てたんです。

ご本人は、芸人さんらしいコメントをしてますが、陸上経験が生かされて
芸人では初の二番福になりました。

伊丹さん

どえらいところを引いてしまった。後で気付くと手と体の震えが止まらなくなった。走る前に名前を書く書類があって、緊張のあまり震えが止まらず、名前ではなく“止めろ”と書いてしまった
福男とは?
この神事は開門神事・福男選びと呼ばれており、西宮神社独特の行事として、江戸時代頃から自然発生的に起こってきたといわれています。

当日は、本えびすの10日午前0時にすべての門が閉ざされ、神職は居籠りし午前4時からの大祭が厳かに執り行われます。

午前6時に赤門が開放され、230m離れた本殿へ「走り参り」をし、本殿へ早く到着した順に1番から3番までがその年の「福男」に認定されます。

先頭に並ぶ108人とその後ろの150人は先着1500人の中から抽選して決められますが、その後ろは一般参加で並んで入れます。

また先着5000名には開門神事参拝証が配られます。ちなみに、「福男」とはいえ、女性でも参加できます。引用元:にしのみや観光協会

 
引用元:スポニチ

スポンサーリンク

仕事5倍に

2019年の1番の福男さんが、大人の事情により
福が逃げたことにより、二番福の伊丹さんが、脚光をあびるという
人生って何が起こるかわからない!

吉本興業も、脚光を浴びたとたんに、社員の待遇が変わったそうです。

「体調大丈夫ですか」と心配されるようになったとインタビューで
答えてましたが、なんともわかりやすい(笑)

伊丹さんの希望は、「吉本新喜劇に入ること」だそうです。

やはり、陸上などスポーツ好きを生かして、スポーツの番組に出たいそうです。

いや、今この流れならきっとブレイクするでしょうね!

ちょっと楽しみです♪

こうやって、ある日突然、何かをきっかけにブレイクを
起こす世界なんですね。

バイトをせずとも芸人として食べていけることを願っています!

あ、”誰が羽田や、成田ちゃうで、伊丹や”も流行ると信じて、
今日から使ってみようと思います(笑)

二番福男「伊丹祐貴」のプロフィールについてのまとめ

■30歳ピン芸人、霜降り明星の粗品さんと仲良し

■吉本興業所属

■乃がみでバイト中

■2019年の2番福男

■ブレイク寸前

■持ちネタ「誰が羽田や、成田ちゃうで、伊丹や」

テレビのバラエティ番組などで見れることを楽しみにしています(^^)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です